辛い便秘、便秘は放っておくと頭痛や肌荒れなど様々な症状を引き起こします。
便秘薬で早く解決したいとものです。
でも便秘薬はいろんな種類があってどれを選べばいいのか悩みますよね。
そこで便秘薬の正しい選び方と人気ランキングを紹介します。
便秘薬は副作用も少なからずあるので慎重に選んでくださいね。

kusuri


「指定第2類医薬品」の便秘薬人気ランキング

指定第2類医薬品の便秘薬は
それなりの副作用もありますが、
弛緩性便秘に高い効果が期待できます。
どうしても便秘が辛い場合に使うようにしましょう。

  1. 「ウィズワンエル」 ゼリア新薬

    ウィズワンエルは生薬成分に加え、食物繊維や乳酸菌も配合した便秘薬です。日ごろ不足しがちな食物繊維を補い、腸内バランスを保つ乳酸菌が自然に近い促します。味は飲みやすいヨーグルト風味になっていてタイプは顆粒になっています。3才以上から服用できるのも人気の理由になっています。

    ⇒⇒楽天での最安値はこちら

  2. 「新ウィズワン」 ゼリア新薬

    食物繊維と生薬成分を配合した便秘薬、ウィズワンエルに比べると乳酸菌は入っていない分値段が少し安めになっています。こちらも顆粒タイプで飲みやすくなっていて、味はチョコレート味になっています。新ウィズワンも3才以上から使える便秘薬です。

    ⇒⇒楽天での最安値はこちら

  3. 「スルーラックデトファイバー」 エスエス製薬

    スルーラックデトファイバー

    4種類の有効成分が配合されていて、食物繊維も含まれていてます。どくだみ由来成分の「ジュウヤク末」が入っていて、便秘からくる肌荒れを緩和してくれるます。服用は15才以上から。

    ⇒⇒楽天での最安値はこちら

  4. 薬剤師・里美薬剤師・里美

    便秘薬は副作用が強いので乱用は避けてくださいね


    3児のママ・さやか3児のママ・さやか

    便秘薬の副作用ってどんなことがあるんですか?


    薬剤師・里美薬剤師・里美

    代表的なのが薬を使わないと便が出なくなる事と、腸が真っ黒になってしまう、大腸メラノーシスですね。長期の服用はやめて本当に辛い時にだけ使うようにしてください。


    3児のママ・さやか3児のママ・さやか

    でも薬で出してもまたすぐ便秘になる人はどうしたらいいんですか?


    薬剤師・里美薬剤師・里美

    やっぱり普段から菌活で腸内環境を整える事が一番いい方法なんです。最近では「リズムハーブS」が凄いって評判になってますね、便秘に悩む人向けに薬剤師さんが研究して作ったから安心感も効果も抜群です。お試し品もあるから根本から便秘を解消したい人にはおススメですよ。


    ⇒⇒「リズムハーブS」お試し品の詳細はこちら

    「第2類医薬品」の便秘薬人気ランキング

    1. 「ビューラックA」 皇漢堂製薬

      ビューラックA

      ビサコジルが主成分の便秘薬、刺激性便秘薬の中のジフェニルメタン系になります。寝る前に服用すると翌朝のお通じが期待できる便秘薬、腸で溶けるタイプなので噛まずにそのまま飲みます。11才から服用可能です。

      ⇒⇒楽天での最安値はこちら

    2. 「タケダ漢方便秘薬」 武田製薬

      タケダ漢方便秘薬

      タケダ漢方便秘薬は漢方処方「大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)」にもとづいた便秘薬です。生薬の「大黄」と「甘草」を配合した「大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)」が大腸をしっかり動かし、便をスムーズに運び出します。
      おやすみ前におのみになると、通常8~10時間後に、自然に近いお通じが得られます。
      錠剤には、割線(かっせん)が入っていますので、便秘の状態や便通の具合に合わせて、服用量を調節できます。5才から服用可能です。

      ⇒⇒楽天での最安値はこちら

    3. 「コーラックⅡ」 大正製薬

      コーラックⅡ

      ビサコジルと硬い便を軟化させる湿潤性便秘薬(DSS)が配合されています。5層コーティングで腸までしっかり届きます。11才以上から服用可能。

      ⇒⇒楽天での最安値はこちら

    おなかラボ

    「第3類医薬品」の便秘薬人気ランキング

    1. 3Aマグネシア フジックス

      3aマグネシア

      おなかが痛くならない便秘薬
      便秘を改善する薬って、おなかが痛くなるイメージがあって少し怖いですよね。本品は腸に水分を集める事により便をやわらかくすることで便を出しやすくします。固い便で苦しい思いをされていた方、痔でお悩みの方、高齢者の方にもおすすめです。
      授乳中のママやお子さまも安心
      授乳中のママにも安心して飲んでいただけます。酸化マグネシウムは必要量しか吸収されないので母乳に移行しません。また、5歳以上から服用できます。
      自然に出す力を麻痺させない
      刺激性の便秘薬は感覚が麻痺して習慣化してしまいがちですが、本品は腸内の水分をためて便をやわらかくするタイプなので、習慣化する心配がありません。

      ⇒⇒楽天での最安値はこちら

    2. 酸化マグネシウムE便秘薬

      酸化マグネシウムE便秘薬

      最近は菊川怜さんのCMでもよく宣伝されていますね、人気も急上昇中です。
      錠剤も水で素早く溶けて飲みやすく、ほのかなレモン風味なので非常に飲みやすいのも特徴です。

      他の第3類医薬品と同じく、5歳以上のお子さん、ご高齢の方にも服用できます。
      妊婦さんも服用できますが、お使いの際はかかりつけの医師にご相談ください。

      ⇒⇒楽天での最安値はこちら

    3. イオナミン ゼットイオン薬品

      イオナミン

      イオナミンZの主成分である酸化マグネシウムは、腸管からの水分吸収を抑えて腸内に一定の水分を保つため、便は軟らかくなり、スムーズで穏やかなお通じを促します。
      イオナミンZには腸を刺激する成分が入っていないため、お腹が痛くなりにくく、センナ等の刺激のある便秘薬は腹痛を起こしてしまい苦手という方にもおすすめです。

      ⇒⇒楽天での最安値はこちら

    4. おなかラボ

      市販の便秘薬を買う前に知っておくこと

      市販の便秘薬を買う前に知っておくことが2つあって、
      それは、便秘薬には「種類」がある事と「分類」があります。
      ではまず種類から紹介していきますね。

      便秘薬の種類

      便秘薬(下剤)には大きく分けて2つ種類があります。

      刺激性便秘薬

      腸を刺激してぜん動運動を促し排便する便秘薬です。
      効果は高めですが、腹痛や下痢などの副作用の可能性もあり、
      長期服用では便秘が悪化するケースもあります。
      さらに2種類に分かれます。

      アントラキノン系

      効果は強いが腹痛や下痢を起こしやすい

      ジフェニルメタン系

      アントラキノン系より効き目は落ちるが負担が少ない

      機能性便秘薬

      便のカサや腸内の水分を増やして排便を促します。
      クセになりにくく、副作用も少なめですが、効果も弱めです。
      さらに5種類に分かれます。

      便秘薬の分類

      便秘薬にも医薬品としての分類があります。
      「第2類医薬品」と「第3類医薬品」です。
      単純に比較すると第2類医薬品の方が効果は高めですが、
      リスクも高めになっている事です。

      また第2類医薬品の中にはさらに注意を必要とする指定第2類医薬品があります。
      一般的に第2類には風邪薬や解熱鎮痛剤など、
      第3類にはビタミン剤や整腸剤などが含まれます。

      便秘薬の選び方

      上記の通り便秘薬にも種類があります。
      強さとしては、一般的に
      「指定第2類医薬品」
      「第2類医薬品」
      「第3類医薬品」となっています。
      しかし成分によってはリスクも違ってきますので、
      添付文書はしっかり確認してください。
      それと注意点としては、「第2類医薬品」の場合、
      腸のぜん動運動を活発化させるので、「けいれん性便秘」には逆効果になってしまいます。
      また「直腸性便秘」の場合は下痢になりやすいので注意が必要です。
      「第2類医薬品」の便秘薬は「弛緩性便秘」向けに作られている物が殆どなので、
      自分の便秘のタイプを知っておくことも必要です。

      便秘は出来るだけ薬に頼らないように

      便秘が辛いのはよくわかります、私も長年悩んでいましたから。
      本当に辛い時は便秘薬に頼るのは仕方ありません、
      しかし便秘薬は副作用が強いのも確かです。
      特に第二類以上の便秘薬は、大腸黒皮症といって、
      腸を真っ黒にしてしまう成分が多く含まれています。
      便秘薬で便を出すのと同時に腸内をきれいにする事も同に行ってください。
      菌活で腸内フローラを改善を参考に、便秘に悩まない腸内フローラを作り上げてくださいね。