若い頃はどちらかといえば細身で代謝も良く、快便でむくみ知らずでした。
「私太りずらいから~」と気ままに好きな物だけを食べて、特に運動もしませんでした。
その結果、35歳を過ぎたあたりから急にお腹の回りにお肉が付き、一日一回は必ずだった快便はどこへやら。
3日~4日は当たり前、ひどい時は1週間以上出てくれないという、立派な便秘体質になってしまいました。
調子が良いと2日位でなんとか出てくれるのですが、少しでも不規則な生活をすると途端にうんともすんともいわなくなってしまいます。
私的に便秘の何が一番辛いかというと、お腹の張りとガスです。
お腹の張りは特に夜寝るときに横になると苦しくて、何度も体制を変え拳や枕を腰の下にはさんだり、起き上がって腰をひねったりしても改善されず、数日続くとすっかり寝不足になってしまいます。
また恥ずかしい話なのですが、パートでの接客中にガスが我慢できなくなるのです。なにしろお腹に溜まりに溜まっているガスなので、臭いも相当気になります。
何度もお手洗いに立つわけにもいかず、またもやお腹の張りとの戦いになるのです。
改善策を人に聞いたりインターネットで調べて色々試してみました。
まずは下剤効果のある便秘薬。これはパートの都合上休みの時しか飲めませんでしたが、期間が長く固くなっていた為かその時はあまり効かず、逆にガスが溜まり苦しくなってしまいました。
メーカーによって違うのかもしれませんが、その体験がトラウマで以降はあまり使っておりません。
次に友人に勧められ、お水をたくさん飲む(1日2ℓ)方法です。とても簡単で良さそうだと思ったのですが、便意よりも尿意の作用が強く、やはり仕事に差し支えるのでやめてしまいました。意外と水を2ℓ飲むのも辛かったです。
自分的に一番効果があったのはとても原始的ですが『の』の字マッサージでした。
おへそから下腹部にかけて手の平で『の』の字を描くようにマッサージをします。最初は張ったお腹が痛いのですが、根気よく揉むと固くなったお腹が少しずつ柔らかく暖かくなり、すぐに便がでなくても張りやガスの辛さが軽減されました。勿論調子が良いと便意も起きます。
他にも漢方や根菜サラダ、乳製品にファイバーサプリ、ヨガや低周波、たくさん試しました。ですがいまだにベストアンサーは見つかっておりません。
やはり一度気合を入れて徹底的に体質改善をするのが一番なのだろうな、と思ってはいますが、なかなかその気合が入らぬまま便秘と日々闘い続けています。