「私は冷え性です」そう言い切れる人はとても多いと思います。
特に女性は7割の人が悩んでいるともいわれています。
また冷え性は西洋医学では病気という概念がないため、
病院で治療するといった事も出来ないのも
間違った冷え性対策が蔓延してしまい、
なかなか冷え性が改善できない理由にもなっています。

一言で冷え性と言っても様々なタイプがあり、
そのタイプに適した対策を取ることが必要になってきます。

冷え性はあらゆる病気の元と言われているので早めの対策が重要です。
当サイトでは冷え性をいくつか代表的な症状別に対策方法を紹介しています。
まずは自分の冷え性のタイプをしっかり自覚して
少しでも冷え性が改善されれば幸いです。

冷え性のタイプ

冷え性には様々なタイプがあります。
代表的な冷え性のタイプを解説しますので、
自分がどの冷え性に当たるかチェックしてみてください。

  • 末端冷え性
  • 全身冷え性
  • 内臓冷え性
  • 下半身冷え性
  • ストレス冷え性

末端冷え性の特徴と対策

女性に最も多いと言われているのがこの「末端冷え性タイプ」です。
末端冷え性の場合は、足先が冷たくて布団に入ってもなかなか寝付けなかったり、
靴下や手袋で手足を温めても温まりにくかったりもします。
そしてとにかく冷房の冷たさが苦手だという人が多いのも特徴の一つです。

末端冷え性タイプの特徴

  • 夏でも手足が氷のように冷たい
  • 色は白く、肌荒れになりやすい
  • どちらかというと痩せていて、むくみやすい
  • 冷房が苦手
  • 入浴はシャワーで終わらせる事が多い

などがあります。

末端冷え性タイプの対策

末端冷え性タイプの一番の対策は、
運動して筋肉を増やすことです。
末端の手足が冷える大きな原因は筋肉不足によるものです。
筋肉には血液を全身に送るポンプのような役割がありますが、
筋肉量が少ないと血液を体の末端まで届かないので、
手足が冷えてしまうんです。

一番は有酸素運動である、
ウォーキングがおススメです。
なるべく歩く習慣をつける事でも
効果が期待できます。

他にはシャワーだけではなくしっかり入浴する事と、
体を温める食事を摂るとさらに効果が高いです。

全身冷え性の特徴と対策

全身冷え性は手足はもちろん内臓も冷えていて、
まさに体全身が冷えている状態です。
全身冷え性はほかの病気も併せて起こっている場合が多く、
リウマチや不妊などの婦人科系の病気に
つながりやすい傾向があるので、早めの対策が必要です。

全身冷え性の特徴

  • 一年中寒い
  • 疲れやすくいつもだるい
  • 体温が35度前後
  • 冷房がとても苦手
  • 貧血や低血圧
  • 運動が苦手

などがあります。

全身冷え性の対策

全身冷え性は冷え性の中でも深刻な状態で、
一日も早い対策が必要になってきます。
どれか一つを頑張れば良いという事はなく、
これから紹介する対策を継続して実践する事が大切です。

まずは食事系、果物や葉野菜を摂りすぎない様にしましょう。
特に夜に食べる果物は冷え性には大敵です。
葉野菜も体を冷やす作用があるのでなるべく避けるようにしましょう。
体を温めるしょうがやたまねぎ、ごぼうなどの根菜を
積極的に摂るようにしましょう。

次に服装系、首筋やお腹、腰、足首を冷やさないように
心がけましょう。
特に腹巻は常に身に着けるようにしてください。
おしゃれを優先して薄着で我慢なんて事はご法度です。

次に入浴系、大さじ2杯位の塩を入れて、
ぬるめの温度で30分以上つかるようにしてください。

最後に運動系です、入浴後のストレッチはもちろん
有酸素運動を意識して行ってください。
一番手軽なのはやっぱりウォーキング、
それ以外にも階段を使うようにしたり、
ひとつ前の駅で降りて歩くようにしてください。

これらを全て行うと1ヵ月程度で体温が徐々に上がってきます、
最低でも3ヶ月続けることでかなり改善されると思います。
冷えからくる様々な症状が緩和されてきますので、
ぜひトライしてくださいね。

内臓冷え性の特徴と対策

内臓冷え性は別名隠れ冷え性とも言われ、
自覚症状がないのが特徴です。
他の内臓の機能の低下を招きやすくなり、
下痢や便秘を繰り返しやすくなります。

内臓冷え性の特徴

  • 手足がほてりやすい
  • 下痢と便秘を繰り返しやすい
  • 疲れやすく風邪をひきやすい
  • 冷たい飲み物や食べ物が好き
  • 一年中シャワーで済ませている
  • 冷え性の自覚は無いが、体温が低い

などがあります。

内臓冷え性の対策

内臓冷え性は自覚症状がほとんど無いため、
見逃しがちですが、もし日常的に体のどこかに
不調を感じているなら体温を測ってみてください。
35度以下なら内臓冷え性を疑いましょう。

内臓冷え性の対策としては、
生活習慣の見直しが基本になっていて、
冷たい飲み物や食べ物を避ける、
シャワーだけをやめてしっかり入浴する、
腹巻を着けることを基本として、
腹筋を鍛える事も重要です。

下半身冷え性の特徴と対策

下半身冷え性は更年期障害に似た症状が多く、
ホットフラッシュや動悸、不安感、イライラなどの
症状が出やすくなります。
40代以上の女性に多く見られますが、
ディスクワークなどで長時間座りっぱなしの人も
下半身冷え性になりやすいと言えます。

下半身冷え性の特徴

  • 下半身は冷えているのに上半身は火照る
  • 顔や背中に汗が出やすい
  • 体温は低くない
  • イライラして眠れない
  • 上半身に比べて下半身は細い
  • 肌荒れやクマができやすい

などがあります。

下半身冷え性の対策

下半身冷え性は基本的には下半身の筋力不足があります。
スクワットやウォーキングなどで筋力を付ける事で
かなり改善できます。
他にも下半身冷え性の場合は、
ディスクワークなどで長時間同じ姿勢でいると
なりやすいので、時々ストレッチを取り入れて下さい。

ストレス冷え性の特徴と対策

まさに現代的冷え性と言われるのがこの
ストレス冷え性です。
長時間ストレスにさらされると、
自律神経のバランスが乱れて、
血行が悪くなり冷え性になってしまいます。
対策としてはとにかくストレス改善が一番です。

ストレス冷え性の特徴

  • 疲れているのになかなか眠れない
  • 食欲不振、胃痛、胃が重いなど
  • もともと冷えやすい
  • 食事が喉を通りにくい
  • 几帳面で真面目な性格
  • 時々動悸や頭痛がある

などがあります。

ストレス冷え性の対策

ストレス冷え性の改善方法は
とにかくストレスを低減してリフレッシュする事
食事や入浴、運動、睡眠をしっかり行って、
気持ちをリフレッシュする事が必要です。
他にも寝る時の長時間のスマホは止めましょう。
自律神経のバランスを取るために、
深呼吸やマッサージなども効果的です。
寝る時のアイマスクやアロマ、
好きな音楽などでとにかくリラックスしましょう。

症状別冷え性の対策と改善方法まとめ

冷え性は万病の元と言われています。
体温が下がる事で免疫力などが極端にさがり、
様々な病気に対抗する力が弱まってしまうからです。
このように冷え性は放っておくと
取り返しがつかなくなってしまう事も少ない無いので、
自分の冷え性のタイプを知って、
しっかりと対策して改善してくださいね。
また、症状別の対策方法をもっと詳しくした記事や
服装、食事、睡眠、運動、マッサージ、ツボ、漢方や
入浴方法なども近々更新しますので、
参考にしてくださいね。