今ではすっかりおなじみになってしまったインスタント食品
カップラーメンはもちろん、冷凍食品などスーパーでも
大きな売り場面積を占めています。

今のインスタント食品って一昔前に比べると、
味がとっても美味しいんですよね。
それに忙しいと、体に良くないと思っていても、
ついつい簡単なインスタント食品に
頼ってしまうのも気持ちはわかります。

しかしインスタント食品ばかりの生活は
当然ながら体にとって良いことはありません。
以前よりは糖分や塩分を控えたインスタント食品も
多く販売されていますが、しっかり自炊した食事には
遠く及びません。

一番の理由としては、インスタント食品では
体に必要な栄養素がほとんど取れないのが現状です。

それはわかっているけどなかなかインスタント食品を
やめられない人はサプリメントで栄養を補給する必要があります。
ではどんなサプリメントが良いのか?ですが、
基本的な栄養素が足りていないので、
ベースサプリメントと言われるサプリメントを摂るように
してください。

⇒⇒ベースサプリメントとは?

俗に言うマルチビタミンやマルチミネラルといった
サプリメントです。

しかしサプリメントはあくまでも食事では足りない
栄養素を補給する事が目的なので、
インスタント食品ばかり食べている方は、
しっかりと栄養素の入っている食事をとる
生活を目指してくださいね。

インスタント食品がどうして体に良くないのか?

インスタント食品はよく体に良くないと言われます。
その理由を少し紹介しますね。

塩分が多い

インスタント食品には塩分が大量に入っているものが多いです。
例えばカップラーメンなどは約5gの塩分が含まれていますが、
成人男性の場合の塩分の上限は9gと言われていますので、
一日2つ食べればそれだけど塩分超過の状態です。
成人女性の場合は一日7gなので多すぎます。

もちろんたまに食べる分には問題ありませんが、
毎日続けるとなると、高血圧の最大の原因になってしまうので、
注意が必要と言えるでしょう。

高血圧は心臓疾患や脳梗塞などの原因になるので、
若いからと言って食べすぎると、
のちのち大変な事になってしまいます。
最近は減塩のインスタント食品もありますが、
それでも塩分が多めだと思ってください。

リンが多い

加工食品にはほとんどと言っていいほどリンが大量に入っています。
リンは体に必要なミネラルの1つですが、
過剰摂取は当然よくありません。
代表的はのは、カルシウムの吸収を妨げて、
骨や歯などを脆くしてしまいますので、
特に子供の成長には大きな阻害要因になってしまいます。
年配の方などは骨粗しょう症の危険も出てきますので
インスタント食品は避けるべきです。

栄養素がほとんどない

インスタント食品は炭水化物や脂質は多いですが、
他の栄養素がかなり少ないです。
体の生命維持に必要なビタミン・ミネラルは
インスタント食品では摂り入れる事が出来ません。
インスタント食品生活を続けている人は
爪がボロボロになったり、髪のツヤがなくなったり、
肌荒れが酷かったりと悪影響が多いです。

酸化した油脂が多い

インスタント食品には多くの油が使われています。
インスタントラーメンは麺を油で揚げて、
長期保存できるようにしていますが、
この油が酸化して過酸化油脂へと変化します。
この過酸化油脂が体の細胞を攻撃し、
それを退治したり修復したりする役割が
ビタミンやミネラルになるので、
当然足りなくなってきますね。
ネズミやウサギを使った動物実験でも
一定量を超えて与えると死んでしまいます。
またこの過酸化油脂は高脂血症や動脈硬化などの
原因にもなってきます。

添加物が多い

インスタント食品は添加物の宝庫です。
もちろん違法な添加物が入っているわけではなく、
長期間摂り続けると体に良くない物です。

まとめ

インスタント食品は確かに便利で味も美味しくなっています。
健康に配慮したインスタント食品も増えてきました。
最近では日清からトクホのカップ麺が販売されています。
(それでも塩分は3g)
やはりインスタント食品は早めに止めて、
自炊の食生活に改善する事が大切です。

特に若い人がインスタント食品生活に
なっている人が多いですが、
確かに若いうちは症状が出にくいです。
しかし若いから何ともないと思っていても、
ある程度年齢が行くと一気に悪い方向に
進んでしまうケースが多いので、
早めにインスタント食品生活から脱出してくだいね。

サプリメントコラム

生活習慣病に関しては、66歳以上の人の要介護の誘因だと口に出すお医者さんもいるほどで、健康診断で「血糖値が高い」等の数値が見られる場合は、できるだけ早く生活習慣の正常化に取り組むようにしましょう。
健康食品を詳細にチェックしてみますと、現実に効果があるものも少なからず存在しますが、それとは反対にきちんとした裏付けもなく、安全性はどうなのかもあやふやな最低の品も存在します。
栄養を体内に入れたいなら、デイリーの食生活にも気を遣わないといけません。いつもの食生活で、足りない栄養分を補填する為の品が健康食品であり、健康食品ばかりを口に入れていても健康になるものではないと思ってください。
青汁については、元から健康飲料という位置付けで、中高年を中心に飲み続けられてきた健康食品の一種です。青汁となると、元気に満ちたイメージを持たれる方も多々あるのではありませんか?
忙しいことを理由に朝食を省いたり、ファストフードで食べるようになったことが悪影響を及ぼして、便秘で悩まされるようになったというケースも相当あるのです。便秘は、今の時代の象徴的な病だと明言しても良いかもしれないですね。

プロポリスには、「他のものでは成しえない万能薬」と言いたくなるほどの顕著な抗酸化作用が認められ、前向きに用いることで、免疫力の向上や健康の増強を図ることができると断言できます。
アミノ酸と申しますのは、身体全体の組織を作るのに欠かせない物質と指摘されており、大方が細胞内で合成されているそうです。この諸々のアミノ酸が、黒酢には大量に盛り込まれているのです。
どういった人でも、一度は聞いたり、現実的に経験済であろう「ストレス」ですが、果たしてどういったものなのか?あなたはマジにご存知でしょうか?
高いお金を出してフルーツであるとか野菜を手に入れたというのに、食べきる前に腐ってしまい、結果的に処分することになったといった経験があるはずです。そうした方にピッタリなのが青汁だろうと感じます。
黒酢が含んでいるアルギニンと呼ばれるアミノ酸は、細くなった血管を正常化するというような作用をします。その上、白血球が引っ付いてしまうのを妨げる働きもします。

ダイエットが上手くいかなかった人というのは、押しなべて最低限も栄養まで切り詰めてしまい、貧血だの肌荒れ、それから体調不良に陥ってしまって諦めるようですね。
健康食品を1つ1つ調べていくと、現実に効果があるものも稀ではないのですが、まことに遺憾なことに何の根拠もなく、安全なのか否かも明記されていない劣悪な品もあるというのが実態です。
日常的に忙しすぎると、横になっても、どのようにしても眠りに就けなかったり、寝たり目覚めたりを繰り返すせいで、疲労が抜けきらないというケースが稀ではないでしょう。
心に刻んでおくべきなのは、「サプリメントは医薬品とは一線を画する」という事実です。いくら有益なサプリメントでも、三度の食事の代わりにはなることは不可能です。
栄養のバランスまで考慮した食事は、生活習慣病予防対策の基本だと断言できますが、困難であるという人は、是非とも外食だの加工された品目を摂取しないように意識しましょう。

プロの運動選手が、ケガに負けない体作りをするためには、栄養学を身につけ栄養バランスを安定化することが欠かせません。それを現実化するにも、食事の摂食方法を学習することが必須になります。
ストレスで体重が増えるのは脳に理由があり、食欲を抑えきれなくなったり、デザートを食べないと気が済まなくなってしまうのです。デブが嫌な人は、ストレス対策が必要不可欠だということです。
アミノ酸と呼ばれるものは、人の体の組織を作り上げるのに欠かすことができない物質とされていて、主に細胞内で合成されているとのことです。そのような各種のアミノ酸が、黒酢にはたっぷり混合されているとのことです。
便秘で発生する腹痛を直す手段はありますでしょうか?もちろんありますからご心配なく!「当たり前じゃないか!」と言われるかもしれませんが、それは便秘を回避すること、更に簡単に言うと腸内環境を正常に戻すことだと言えるでしょう。
酵素は、特定の化合物に対してのみ作用すると聞いています。驚くなかれ、およそ3000種類確認されているとされているようですが、1種類につきわずか1つの決まり切った役割を担うだけだとのことです。

プロポリスを決定する時に意識したいのは、「どこ産なのか?」ということです。プロポリスは各国で収穫されていますが、国によって栄養分が少し違うのです。
「健康な私には生活習慣病など無関係」などと吹聴しているあなたの場合も、テキトーな生活やストレスが災いして、身体はちょっとずつ劣悪化していることも予想されるのです。
いろんな種類がある青汁群の中より、あなた自身にフィットする製品を選び出す時には、もちろんポイントがあります。要するに、青汁で何をどうしたいのかを確定させることなのです。
ターンオーバーを促して、人間が先天的に有している免疫機能をレベルアップすることで、各自が秘める真の能力をかき立てる効果がローヤルゼリーにあることが公表されていますが、その事実を実際に感じられる迄には、時間がかかります。
現代では、バラエティーに富んだサプリメントや健康機能食品が知られているという状態ですが、ローヤルゼリーと同じようなレベルで、諸々の症状に良い結果を齎す健食は、かつてないと断言できます。