3児のママ・さやか3児のママ・さやか

私の周りにも便秘に悩んでる人が多いけど、みんな口を揃えて言うのが「クセにならない便秘薬が欲しい」って言ってますね。

薬剤師・里美薬剤師・里美

これって良く聞かれるんですよね~、便秘薬はクセになってしまうから使うのが怖いって。

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

それでも最近はテレビCMでもクセにならない便秘薬って宣伝してますよね。

薬剤師・里美薬剤師・里美

よく見かけますね、でも勘違いする人が多いんですよ、あくまでもクセになりにくい便秘薬なんです、全くクセにならない訳ではないので注意が必要なんですよ。

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

あ~確かに、私もクセにならない便秘薬って思ってました。

薬剤師・里美薬剤師・里美

クセにならない便秘薬だと思って乱用してクセになってしまった人も多いんです。それにクセになりにくい便秘薬はやっぱり効果も弱めです、重度の便秘の人には効果はあまり期待できないので、あくまでも軽度の便秘の人向けって言えるんですよ。

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

なるほど、確かにクセになりにくいのに効果抜群だったらみんな使いますもんね。でも軽度の便秘ならやっぱりクセになりにくい便秘薬を使いたいですよね、実際はどれがいいんですか?

薬剤師・里美薬剤師・里美

やっぱり第三医薬品の便秘薬ですね、私がおススメする3つを紹介しますね。


  1. 酸化マグネシウムe便秘薬

    ○1

    最近は菊川怜さんのCMでもよく宣伝されていますね、人気も急上昇中です。
    錠剤も水で素早く溶けて飲みやすく、ほのかなレモン風味なので非常に飲みやすいのも特徴です。

    他の第3類医薬品と同じく、5歳以上のお子さん、ご高齢の方にも服用できます。
    妊婦さんも服用できますが、お使いの際はかかりつけの医師にご相談ください。

    ⇒⇒楽天での最安値はこちら

  2. イオナミン

    ●2

    イオナミンZの主成分である酸化マグネシウムは、腸管からの水分吸収を抑えて腸内に一定の水分を保つため、便は軟らかくなり、スムーズで穏やかなお通じを促します。
    イオナミンZには腸を刺激する成分が入っていないため、お腹が痛くなりにくく、センナ等の刺激のある便秘薬は腹痛を起こしてしまい苦手という方にもおすすめです。

    ⇒⇒楽天での最安値はこちら

  3. 3Aマグネシア

    ◎3

    授乳中のママやお子さまも安心
    授乳中のママにも安心して飲んでいただけます。酸化マグネシウムは必要量しか吸収されないので母乳に移行しません。また、5歳以上から服用できます。
    自然に出す力を麻痺させない
    刺激性の便秘薬は感覚が麻痺して習慣化してしまいがちですが、本品は腸内の水分をためて便をやわらかくするタイプなので、習慣化する心配がありません。

    ⇒⇒楽天での最安値はこちら

やっぱり便秘薬はあくまでも最終手段

薬剤師・里美薬剤師・里美

さっきも言いましたけど、便秘薬はどんなにクセになりにくくても、薬は薬なんですよね、便秘になる原因を改善しないことにはずっと便秘薬に頼らないといけなくなってしまうんです。

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

確かに便秘薬に頼らなくても、毎日スッキリとお通じあるのが理想ですよね、でもどうしたらいいんですか?

薬剤師・里美薬剤師・里美

もちろん運動不足や乱れた食生活、ストレスなども原因の1つにはなっていますが、一番重要なのは「腸内フローラ」ですね、最近話題にもなっているんで、聞いた事がある人も多いと思います。

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

よく聞くー(笑)この前の雑誌でも特集されてましたね。私も詳しく読んでみたけど、食事で取り入れるのは何だか大変そうな感じがしましたよ。

薬剤師・里美薬剤師・里美

そうなんです、腸内フローラに良い食材はいろいろあるんですけど、どれも毎日大量に摂取しないといけないんです。発酵食品ももちろんいいんですけど、納豆だと毎日3パック以上必要ですしなかなか続けられないんですよね。ほかにもお漬物なんかも便秘には効果が期待できて、東北の女性は漬物をよく食べるんで便秘の人がとても少ないんですけど、塩分が高めで高血圧の人も多いっていうデーターもあるんです。

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

それも雑誌に書いてありましたね、その雑誌では腸内フローラにはやっぱりサプリメントがおススメって書いてましたよ。

薬剤師・里美薬剤師・里美

そうなんです、効率よく腸内の善玉菌を増やそうと思ったら、やっぱりサプリメントが効率が良いんです。カロリーは控えめですし、必要な成分がギュッと詰まっているんで、特に忙しくて三食自炊がなかなかできない人には一番いいんですよ。

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

でもどのサプリでも良いわけではないんですよね?

薬剤師・里美薬剤師・里美

もちろんです、サプリメントの選び方でかなり変わるので、ここはサプリメントの専門家の美希さんに説明してもらうのが良いと思うので交代しますね。

便秘には腸内フローラの改善が最大のポイント

美希美希

腸内フローラはホントに注目されているわね、特に医学界での研究がとても進んでいて、様々な研究結果が発表されているわ。
腸内の環境が悪いと体に様々な弊害をもたらす事が分かってきてるんで、注目の的になっているのよ。

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

一時期発酵食品ブームみたいのがありましたよね。でも食事で賄おうとすると難しかったです。

美希美希

腸内フローラの改善には発酵食品が一番なのはみんなわかっているんだけど、食事からとるのはなかなか難しいの。
今はサプリメントを上手に取り入れながら便秘を改善していくのが一番の早道と言えるわね。

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

どんなサプリメントが腸内フローラの改善に良いんですか?

美希美希

一般的には乳酸菌とか言われるけど、やっぱり乳酸菌だけじゃダメなのよ。よくヨーグルトを毎日食べても便秘が改善されないなんて事はよく聞くわよね、大切なのは腸内の善玉菌を増やすものをバランスよく取る事が出来るサプリが良いのよ。それに腸内フローラを改善すると便秘だけじゃなく他の事も良くなる事もあるから一石二鳥なのよ。

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

うんうん、ヨーグルトを食べても便秘が改善されないっていう人は私の周りにもイッパイいます!ヨーグルトだけじゃだめなんですね。

美希美希

じゃあ実際に便秘が改善されて喜ばれているサプリメントを紹介するわね。

クセにならない便秘薬よりおススメのサプリメントランキング

サプリメントコラム

誰だって栄養をしっかりとって、健康な人生を送りたいと思うでしょう。そんなわけで、料理の時間と能力があまりない人にも喜んでもらえるように、栄養を容易に摂り込むことができる方法をご案内させていただきます
ストレスがある程度溜まると、多種多様な体調不良が起きますが、頭痛もその最たるものです。ストレスが原因の頭痛は、日常生活が影響しているものなので、頭痛薬を飲んでみても解消されません。
バランスまで考え抜いた食事や規律ある生活、エクササイズなどをすることも不可欠ですが、病理学的には、これらとは別に人々の疲労回復に貢献することがあると教えられました。
しっかりと記憶しておいてもらいたいのは、「サプリメントは医薬品とは違う」という現実でしょう。いくら評判の良いサプリメントだったとしても、3度の食事の代わりにはなれないと断言します。
プロの運動選手が、ケガし難い体をものにするためには、栄養学を習得し栄養バランスを良化することが不可欠です。その為にも、食事の摂食法を身に付けることが不可欠になります。

深く考えずに朝食をスキップしたりファストフードで済ませるようになったことが裏目に出て、便秘で悩むようになったというケースもいくらでもあります。便秘は、今の時代を反映する病気だと言っても間違いないかもしれません。
生活習慣病というものは、67歳以上の人の要介護の誘因だと口にする医師もいるくらいで、健康診断におきまして「血糖値が高い」などの数値が確認できる方は、一刻も早く生活習慣の是正に取り組むことが要されます。
サプリメントは勿論の事、たくさんの食品が並べられている今の時代、市民が食品の特長をマスターし、個人個人の食生活に有益になるように選定するためには、ちゃんとした情報が絶対必要です。
「葉酸が疲労回復に効果があるのは、乳酸を取り除いてくれるから」と教示されることも多いわけですが、結局のところ、クエン酸であったり酢酸による血流改善が効果を発揮しているということがわかっています。
「アスタキサンチンの成分の1つデセン酸は、インスリンと変わらない効能があり、糖尿病Ⅱ型の予防や進行を遅らせてくれることが、ここ数年の研究により分かってきたのです。

ものすごく種類が多い青汁群より、個々に丁度いい商品をセレクトするには、一定のポイントがあるわけです。すなわち、青汁に何を望むのかを確定させることです。
「不足している栄養はサプリで摂ろう!」というのが、経済先進国の人たちの言い分のようです。だとしても、多種多様なサプリメントを摂っても、必要不可欠な栄養を摂り込むことは困難です。
運動をする人が、ケガの少ないボディーを手に入れるためには、栄養学をしっかり身に付けて栄養バランスを意識することが大切です。それを実現させるにも、食事の摂取方法を理解することが大切です。
黒酢は脂肪を減少させる他、筋肉の補強を助けます。詰まるところ、黒酢を服用したら、体質そのものが太りづらいものになるという効果と痩せることができるという効果が、双方得られるのです。
例外なく、以前に話しを聞いたり、ご自分でも経験したことがあると想定される“ストレス”ですが、果たして何なのか?あなたは正確に知っていますですか?

プロポリスが含んでいるフラボノイドには、肌表面に出てくるソバカスであるとかシミを防止する作用があるそうです。アンチエイジングにも力を発揮してくれて、お肌も素敵にしてくれる栄養でもあるわけです。
生活習慣病と申しますのは、適当な食生活といった、身体に悪い影響が残る生活を反復することが原因となって患う病気のようです。肥満なども生活習慣病に入ります。
誰であろうと栄養を必要な分摂取して、健やかな人生を送りたいのではありませんか?ですので、料理をするだけの時間がそれほどない人にも役立ててもらえるように、栄養を気軽に摂り入れることを可能にする方法をお教えします。
便秘が元での腹痛に苦しんでいる人の過半数以上が女性なのです。元来、女性は便秘状態になりやすく、殊に生理中といったホルモンバランスがアンバランスになる時に、便秘になると考えられています。
ダイエットに失敗してしまうのは、大部分は基本的な栄養まで減らしてしまい、貧血だったり肌荒れ、プラス体調不良を引き起こしてギブアップするようですね。

好き勝手な日常スタイルを一新しないと、生活習慣病を発症する危険性がありますが、これとは別にヤバイ原因として、「活性酸素」を挙げなければならないでしょう。
質の良い食事は、当然ですが疲労回復には重要となりますが、その中でも、殊更疲労回復に有用な食材があるのです。それというのが、柑橘類だそうです。
白血球の増加をサポートして、免疫力をレベルアップさせることに力を発揮してくれるのがプロポリスであり、免疫力を増幅すると、がん細胞を死滅させる力も上がるということです。
食べ物は、消化器官を通過しながら、その器官の消化液内に存在している消化酵素の機能により分解され、更に栄養素に変換されて各組織に吸収されるとのことです。
野菜が秘めている栄養成分の分量といいますのは、旬の時季か時季ではないのかで、ものすごく異なるということがあるのです。その事から、不足することが危惧される栄養を補完する為のサプリメントが不可欠だと言われるのです。