最近のサプリメントは成分も豊富になり、〇〇が良くなったとか〇〇に効いたとかよく耳にします。
そして薬局やドラッグストアで薬剤師の説明がなくても購入できる第三医薬品がありますが、サプリメントと第三医薬品は一体何が違うのか?
自分にはサプリメントが良いのか第三医薬品が良いのかぜひ参考にしてみてくださいね。

サプリメントとは

サプリメントの定義はハッキリと決められていません。
一般的な説明としては、「特定成分が濃縮された錠剤やカプセル形態の製品」が該当するだろうと考えられています。
もちろん効果を謳うことは薬事法で禁止されていて、あくまでも食品として扱われます。

第三医薬品

薬として認められている点では他の医薬品と同じですが、副作用や相互作用の観点から薬剤師ではなく、ドラッグストアやコンビニ、通販でも販売する事が出来ます。

サプリメントと第三医薬品の違い

この2つの大きな違いは「安全性」といえるでしょう。
第三医薬品を含む医薬品は治療や予防を目的としていて、厚生労働省に承認・認可されています。
もちろん承認・認可されるためには様々な試験を行い、厳格な試験法や製造法にもガイドラインが決められています。
こういった経緯をたどることで、医薬品は予防や治療に対する効果と安全性が保障されています。
そしてサプリメントはあくまでも食品として扱われるため、品質基準の義務がないので効果や安全性は保障されていません。
メーカーよって品質にばらつきがあったり実際に表記された成分が含まれているのか疑問のメーカーも存在しますが、
医薬品メーカーが作るサプリメントもあるので、安心できるメーカーを選ぶのがサプリメント選びには重要だといえます、
メーカーによっては医薬品並みのサプリメントを製造している所もあるんです。

しかしサプリメントを第三医薬品として認めてもらうには、厳しい試験や臨床を行わなければならず、それを行うための設備投資も必要になってきて
販売までできるようになるには時間もコストもかかります。
その手間を考えると、医薬品としてよりはサプリメントとして販売した方がいいのです。

サプリメントと医薬品の違いがほとんどない実例

ではサプリメントと医薬品で成分に殆ど違いが無い例を紹介します。
まずはPMS(月経前症候群)の薬で唯一の市販薬の「プレフェミン」と、サプリメントの「ルナベリー」です。
どちらもプロゲステロンの分泌を正常に整える作用のあるハーブで、婦人科疾患の治療薬として使用されているチェストベリーが主成分となっていますが、含まれている量はなんとどちらも同じ40mg!医薬品のプレフェミンは要指導医薬品になっていて薬局で薬剤師との面談したうえで本人だけ購入する事が出来ます。薬剤師さんが男性だった場合相談しにくいというデメリットもありますし、3か月以上飲む事も出来ませんし、成分に詳しい人なら絶対に避ける酸化チタンが含まれています。
その点サプリメントのルナベリーはネットで購入出来ますし、チェストベリー以外に美容に良い成分も多く含まれています。その分プレフェミンよりお値段は高めですが、プレフェミンよりルナベリーの方が選ぶ女性が多いようです。

サプリメントと医薬品は違いが無い場合が多い

このようにサプリメントと医薬品ではそれほど大きな差が無い場合が多いです。しかしサプリメントはあくまでも食品に分類されるので、効果を謳う事は出来ません。
このルナベリーも医薬品のプレフェミンと同じだけの成分が入っているにも関わらずPMSに効果がありますとは言えないんです。しかし今はネット世界、消費者はネットで様々な情報を得る事が出来るので、比較して自分に合う方を選ぶので、無理して医薬品として登録する必要が無いと言う訳です。中にはサプリメントと言うだけで効果がないという人もいますが、この例を見てそうではない事が分かって頂けると思います。

サプリメントコラム

多彩な食品を摂取するようにすれば、嫌でも栄養バランスは上向くようになっているのです。それに旬な食品については、その時節にしか堪能することができない美味しさがあるわけです。
生活習慣病というのは、テキトーな食生活みたいな、身体にダメージを与える生活を反復してしまう為に罹ってしまう病気となります。肥満なども生活習慣病の一種です。
ちょっと前までは「成人病」と言われていたわけですが、「生活習慣を改善すれば罹ることはない」ということがあり、「生活習慣病」と命名されるようになったと聞きました。
にんにくは脂肪を減少させる他、筋肉の増強をサポートします。端的に言いますと、にんにくを取り入れれば、体質が太らないタイプに変わるという効果と痩せることができるという効果が、2つとも達成することができると言えます。
「これほど元気だし生活習慣病は全く無関係だよ!」などと考えている人も、デタラメな生活やストレスが元凶となり、体は次第に壊れていることもあり得るのです。

健康食品と申しますのは、法律などで分かりやすく定義されてはおらず、普通「健康増進に役立つ食品として摂取されるもの」を言い、サプリメントも健康食品の仲間です。
若年層の成人病が毎年のように増加傾向を示しており、この病気の誘因が年齢のみにあるのではなく、常日頃の生活のいたるところに潜んでいるということで、『生活習慣病』と言われるようになったと教えられました。
質の良い睡眠を確保するためには、日頃の生活を正常化することが最優先事項だと言明する方が少なくないようですが、この他に栄養を確保することも大事なのは言うまでもありません。
どんな人でも、最高限度を超すストレス状態に置かれたり、季節を問わずストレスが加わる環境で暮らし続けなければならなかったりすると、その為に心や身体の病気になることがあるようです。
どんなに黒酢が見事な効果を有しているからと言っても、量を多く摂り込んだらいいという考え方は誤りです。黒酢の効能だとか効果がハイレベルで作用してくれるのは、量で言ったら30ccがリミットだとのことです。

多岐に亘る人脈に加えて、様々な情報が入り混じっている状況が、これまで以上にストレス社会を悪化させていると言っても、何ら問題がないと思っています。
生活習慣病に罹患しないようにするには、粗悪な生活を見直すことが最も確実性があると言えますが、日々の習慣を一気に改めるというのは無理があるとおっしゃる人もいるはずです。
プロポリスが含有するフラボノイドには、肌表面に見られるソバカスもしくはシミを防止する効果が見られるらしいです。アンチエイジングにも力を発揮してくれて、表皮もピカピカにしてくれる栄養成分でもあるわけです。
消化酵素に関しては、摂取した物を細胞が吸収できるサイズまで分解する働きをします。酵素が豊富にあると、食べ物はスイスイと消化され、腸壁を通して吸収されるそうです。
各種の食品を食するように意識すれば、勝手に栄養バランスは安定化するようになっているのです。加えて旬な食品については、その時しか味わうことができないうまみがあると言っても良いでしょう。

アミノ酸についてですが、疲労回復に効き目のある栄養素として高評価です。全身への酸素供給にも関与し、筋肉疲労の回復は当然の事、疲れた脳の回復ないしは質の良い睡眠をお手伝いする役割を担ってくれるのです。
「黒酢が健康維持に役立つ」という印象が、世間の人々の間に広まりつつあります。けれども、実際のところどれだけの効果・効用を得ることができるのかは、まったくもって知らないと発言する人が多々あると思っています。
しっかりと覚えておかなければいけないのは、「サプリメントは医薬品とは別物である」という現実でしょう。どれほど評価が高いサプリメントであったとしても、3度の食事そのものの代わりにはなるはずもありません。
フラボノイドを多量に含んでいるプロポリスの作用が検査され、評価され出したのはつい最近の事にもかかわらず、今日では、世界的な規模でプロポリスを盛り込んだ商品が大流行しています。
日頃から忙しさが半端じゃないと、寝る準備をしても、容易に熟睡できなかったり、何度も目を覚ましたりすることが元で、疲労を回復できないというケースが多々あるでしょう。

パンであるとかパスタなどはアミノ酸量が少量であり、ごはんと同時に食べませんから、乳製品だったり肉類を必ず摂り込めば、栄養も追加補充できますので、疲労回復に効果的です。
食べた物は、消化器官を通過する時に、その器官の消化液内に含まれる消化酵素のパワーで分解され、更に栄養素に変換されて身体内に吸収されるとのことです。
青汁にしたら、野菜が持つ栄養素を、超簡単に素早く補給することができるから、普段の野菜不足を克服することができるわけです。
白血球の数を増やして、免疫力をアップさせる作用があるのがプロポリスで、免疫力を補強すると、がん細胞をなくす力もレベルアップすることになるのです。
脳は、睡眠中に身体全体を回復させる指令とか、一日の情報整理をしますので、朝を迎えたころには栄養が欠乏した状態だと言えます。そして脳の栄養となりますのは、糖だけだと言われているのです。