最近のサプリメントは成分も豊富になり、〇〇が良くなったとか〇〇に効いたとかよく耳にします。
そして薬局やドラッグストアで薬剤師の説明がなくても購入できる第三医薬品がありますが、サプリメントと第三医薬品は一体何が違うのか?
自分にはサプリメントが良いのか第三医薬品が良いのかぜひ参考にしてみてくださいね。

サプリメントとは

サプリメントの定義はハッキリと決められていません。
一般的な説明としては、「特定成分が濃縮された錠剤やカプセル形態の製品」が該当するだろうと考えられています。
もちろん効果を謳うことは薬事法で禁止されていて、あくまでも食品として扱われます。

第三医薬品

薬として認められている点では他の医薬品と同じですが、副作用や相互作用の観点から薬剤師ではなく、ドラッグストアやコンビニ、通販でも販売する事が出来ます。

サプリメントと第三医薬品の違い

この2つの大きな違いは「安全性」といえるでしょう。
第三医薬品を含む医薬品は治療や予防を目的としていて、厚生労働省に承認・認可されています。
もちろん承認・認可されるためには様々な試験を行い、厳格な試験法や製造法にもガイドラインが決められています。
こういった経緯をたどることで、医薬品は予防や治療に対する効果と安全性が保障されています。
そしてサプリメントはあくまでも食品として扱われるため、品質基準の義務がないので効果や安全性は保障されていません。
メーカーよって品質にばらつきがあったり実際に表記された成分が含まれているのか疑問のメーカーも存在しますが、
医薬品メーカーが作るサプリメントもあるので、安心できるメーカーを選ぶのがサプリメント選びには重要だといえます、
メーカーによっては医薬品並みのサプリメントを製造している所もあるんです。

しかしサプリメントを第三医薬品として認めてもらうには、厳しい試験や臨床を行わなければならず、それを行うための設備投資も必要になってきて
販売までできるようになるには時間もコストもかかります。
その手間を考えると、医薬品としてよりはサプリメントとして販売した方がいいのです。

サプリメントと医薬品の違いがほとんどない実例

ではサプリメントと医薬品で成分に殆ど違いが無い例を紹介します。
まずはPMS(月経前症候群)の薬で唯一の市販薬の「プレフェミン」と、サプリメントの「ルナベリー」です。
どちらもプロゲステロンの分泌を正常に整える作用のあるハーブで、婦人科疾患の治療薬として使用されているチェストベリーが主成分となっていますが、含まれている量はなんとどちらも同じ40mg!医薬品のプレフェミンは要指導医薬品になっていて薬局で薬剤師との面談したうえで本人だけ購入する事が出来ます。薬剤師さんが男性だった場合相談しにくいというデメリットもありますし、3か月以上飲む事も出来ませんし、成分に詳しい人なら絶対に避ける酸化チタンが含まれています。
その点サプリメントのルナベリーはネットで購入出来ますし、チェストベリー以外に美容に良い成分も多く含まれています。その分プレフェミンよりお値段は高めですが、プレフェミンよりルナベリーの方が選ぶ女性が多いようです。

サプリメントと医薬品は違いが無い場合が多い

このようにサプリメントと医薬品ではそれほど大きな差が無い場合が多いです。しかしサプリメントはあくまでも食品に分類されるので、効果を謳う事は出来ません。
このルナベリーも医薬品のプレフェミンと同じだけの成分が入っているにも関わらずPMSに効果がありますとは言えないんです。しかし今はネット世界、消費者はネットで様々な情報を得る事が出来るので、比較して自分に合う方を選ぶので、無理して医薬品として登録する必要が無いと言う訳です。中にはサプリメントと言うだけで効果がないという人もいますが、この例を見てそうではない事が分かって頂けると思います。

サプリメントコラム