最近のサプリメントは成分も豊富になり、〇〇が良くなったとか〇〇に効いたとかよく耳にします。
そして薬局やドラッグストアで薬剤師の説明がなくても購入できる第三医薬品がありますが、サプリメントと第三医薬品は一体何が違うのか?
自分にはサプリメントが良いのか第三医薬品が良いのかぜひ参考にしてみてくださいね。

サプリメントとは

サプリメントの定義はハッキリと決められていません。
一般的な説明としては、「特定成分が濃縮された錠剤やカプセル形態の製品」が該当するだろうと考えられています。
もちろん効果を謳うことは薬事法で禁止されていて、あくまでも食品として扱われます。

第三医薬品

薬として認められている点では他の医薬品と同じですが、副作用や相互作用の観点から薬剤師ではなく、ドラッグストアやコンビニ、通販でも販売する事が出来ます。

サプリメントと第三医薬品の違い

この2つの大きな違いは「安全性」といえるでしょう。
第三医薬品を含む医薬品は治療や予防を目的としていて、厚生労働省に承認・認可されています。
もちろん承認・認可されるためには様々な試験を行い、厳格な試験法や製造法にもガイドラインが決められています。
こういった経緯をたどることで、医薬品は予防や治療に対する効果と安全性が保障されています。
そしてサプリメントはあくまでも食品として扱われるため、品質基準の義務がないので効果や安全性は保障されていません。
メーカーよって品質にばらつきがあったり実際に表記された成分が含まれているのか疑問のメーカーも存在しますが、
医薬品メーカーが作るサプリメントもあるので、安心できるメーカーを選ぶのがサプリメント選びには重要だといえます、
メーカーによっては医薬品並みのサプリメントを製造している所もあるんです。

しかしサプリメントを第三医薬品として認めてもらうには、厳しい試験や臨床を行わなければならず、それを行うための設備投資も必要になってきて
販売までできるようになるには時間もコストもかかります。
その手間を考えると、医薬品としてよりはサプリメントとして販売した方がいいのです。

サプリメントと医薬品の違いがほとんどない実例

ではサプリメントと医薬品で成分に殆ど違いが無い例を紹介します。
まずはPMS(月経前症候群)の薬で唯一の市販薬の「プレフェミン」と、サプリメントの「ルナベリー」です。
どちらもプロゲステロンの分泌を正常に整える作用のあるハーブで、婦人科疾患の治療薬として使用されているチェストベリーが主成分となっていますが、含まれている量はなんとどちらも同じ40mg!医薬品のプレフェミンは要指導医薬品になっていて薬局で薬剤師との面談したうえで本人だけ購入する事が出来ます。薬剤師さんが男性だった場合相談しにくいというデメリットもありますし、3か月以上飲む事も出来ませんし、成分に詳しい人なら絶対に避ける酸化チタンが含まれています。
その点サプリメントのルナベリーはネットで購入出来ますし、チェストベリー以外に美容に良い成分も多く含まれています。その分プレフェミンよりお値段は高めですが、プレフェミンよりルナベリーの方が選ぶ女性が多いようです。

サプリメントと医薬品は違いが無い場合が多い

このようにサプリメントと医薬品ではそれほど大きな差が無い場合が多いです。しかしサプリメントはあくまでも食品に分類されるので、効果を謳う事は出来ません。
このルナベリーも医薬品のプレフェミンと同じだけの成分が入っているにも関わらずPMSに効果がありますとは言えないんです。しかし今はネット世界、消費者はネットで様々な情報を得る事が出来るので、比較して自分に合う方を選ぶので、無理して医薬品として登録する必要が無いと言う訳です。中にはサプリメントと言うだけで効果がないという人もいますが、この例を見てそうではない事が分かって頂けると思います。

サプリメントコラム

マヌカハニーというものは、女王蜂だけが食すことができる貴重な食事で、時には「王乳」とも呼ばれていると聞いています。その名が示すように、マヌカハニーには諸々の栄養が含まれているとのことです。
人間の身体内で重要な役割を担っている酵素は、2系統に類別することが可能なのです。食べ物を細かく分解して、栄養に転化してくれる「消化酵素」と、その他の「代謝酵素」となります。
プロポリスの1つの成分であるフラボノイドには、お肌に誕生するソバカスやシミが増加するのを妨害する働きがあると聞いています。老化を遅くしてくれて、素肌も滑らかにしてくれる栄養素材でもあるわけです。
従来は「成人病」と命名されていた病気なのですが、「生活習慣を改善したら罹患しないで済む」という理由から、「生活習慣病」と称されるようになったようです。
脳に関しましては、横になっている間に体を正常化する指令とか、一日の情報を整理したりするので、朝を迎えたころには栄養が完全に不足している状態です。そして脳の栄養だと指摘されているのが、糖だけになるわけです。

コエンザイムを決める際に気に掛けたいのは、「どこの国が原産国か?」ということだと思われます。コエンザイムは多くの国で採集されているわけですが、国によって含有されている成分が少し違っていることがわかっています。
医薬品という場合は、服用方法や服用の分量がキチンと決定されていますが、健康食品の場合は、服用方法や服用の分量に規定もないようで、幾ら位の分量をいつ飲むべきかなど、分からない点が多いと言っていいでしょう。
アスタキサンチンは、少ししか取ることができない類稀な素材になります。人工的な素材じゃなく、自然界にある素材だと言いますのに、種々の栄養素が入っているのは、マジに信じられないことなのです。
諸々の食品を食べるように気をつければ、勝手に栄養バランスは良化されるようになっています。それに旬な食品の場合は、その期を逃したら堪能することができない旨さがあると言っても間違いありません。
銘記しておいてもらいたいのは、「サプリメントは医薬品とは別物である」ということ。どんなに人気のあるサプリメントでありましても、3回の食事の代替品にはなろうはずもありません。

さまざまな人が、健康を気に掛けるようになってきた模様です。それを示すかのように、『健康食品(健食)』という食品が、さまざまに見掛けるようになってきたのです。
「ショウガが疲労回復に有益なのは、乳酸を取り除いてくれるから」とされていることも多々あるようですが、正確に言うと、クエン酸だったり酢酸による血流改善が良い結果に結び付いているということがわかっています。
最近では、何種類ものサプリメントだったり特定保健用食品が浸透している状態ですが、アスタキサンチンのように、諸々の症状に効果を見せる素材は、はっきり言ってないと言明できます。
「便秘が治らないことは、尋常なことじゃない!」と考えるべきなのです。習慣的に運動とか食事などで生活を系統的なものにし、便秘を改善できる生活スタイルを続けることがとても大切になってくるというわけです。
便秘については、我が国の特徴的な国民病と言うことができるのではと感じています。日本人と言いますのは、欧米人とは違って腸が長い人種で、それが悪影響を及ぼして便秘になりやすいのだと聞いています。

体に関しては、諸々の刺激に対して、もれなくストレス反応を起こすわけではないと言えます。それらの刺激がひとりひとりのアビリティーより強烈で、どうすることも出来ない時に、そのようになるのです。
多忙な人からすれば、摂るべき栄養成分を三回の食事だけで取り入れるのは相当無理があります。そのようなわけがあるので、健康に懸念のある人達の間で、「サプリメント」に人気が集中しているのです。
良い睡眠を取りたいなら、日頃の生活を正常化することが大事だと釘を刺す方が少なくないようですが、それらの他に栄養をきちんと確保することも必要です。
サプリメントの場合は、医薬品のように、その用途ないしは副作用などの細かなテストまでは十分には行なわれていないものが大半です。更には医薬品との見合わせるという方は、気をつけてください。
販売会社の努力で、低年齢層でも何の抵抗もなく飲むことができる青汁が多種多様に売られています。そういう理由もあって、現在では全ての世代で、青汁を購入する人が増加傾向にあります。

生活習慣病と申しますのは、65歳以上の高齢者の要介護の元凶とも目されているので、健康診断において「血糖値が高い」といった数字が確認できる場合は、いち早く生活習慣の改変に取り組むことが要されます。
健康食品というのは、性格上「食品」であり、健康増進をサポートするものだということです。なので、それのみ摂り込んでいれば現状以上の健康が手に入るというのではなく、健康維持が望める程度のものだと考えてください。
ダイエットに失敗してしまうのは、大体基礎的な栄養まで削減してしまい、貧血ないしは肌荒れ、その他には体調不良を引き起こしてドロップアウトするみたいです。
上質な食事は、言うまでもなく疲労回復には外せませんが、その中でも、特に疲労回復に優れた食材があると言われています。それというのが、柑橘類なのです。
胸に刻んでおくべきだと思うのは、「サプリメントは医薬品とは一線を画する」ということです。いくら売れているサプリメントであったとしても、3回の食事の代わりにはなることができません。