瀬山 美希瀬山 美希
あらゆるサプリメントに精通しているエキスパート。
その知識はあらゆる相談者を救ってきた。

         

柴岡 さやか柴岡 さやか
仕事や育児に忙しい3児のママ、
自分に合ったサプリを探し続けている。

         

細尾 シオ細尾 シオ
女性に多い悩みに詳しい女医、
医学的見地からサプリメントを科学する

美希美希

今回は保健機能食品制度についてよ、サプリメントを使うなら知っておいて損はないわ。

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

最近よく聞くトクホとかの事ですか?コンビニでもトクホのお茶とかよく見かけますよね。

美希美希

そうよ、トクホも保健機能食品制度の1つなの、今日本ではサプリメントがホントにあふれているの、その中にはとても安全じゃない物も含まれている事が多いの、それを見分ける基準の1つとして保健機能食品制度を参考にするのも、良いサプリメントを選ぶ際に必要な事よ。

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

そういえば以前に中国のダイエットサプリを使って死亡した人もいましたよね、そうなると怖いな~

美希美希

あれはホントに痛ましい事件だったわ、私は海外製のサプリは使わない事をおススメしているのよ、やっぱり日本製が世界でも安全性は高いから最低でも日本製を使ってね。

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

海外製は怖いですもんね、でも日本製だからってなんでも良いわけではないんですよね?

美希美希

一部の日本製のサプリは効果が無かったりする事もあるのよ、その為にも一つの基準として保健機能食品制度があるのよ、じゃあ保健機能食品制度について解説するわね。

保健機能食品制度とは

保健機能食品制度とは、国が有効性や安全性を個別に審査し許可した特定保健用食品(トクホ)と、国が定める特定の栄養成分の規格基準に適合した栄養機能食品に加えて、新しく「機能性表示食品」制度ができ、食品の目的や機能等の違いにより、「特定保健用食品」、「栄養機能食品」、「機能性表示食品」に分けられます。

特定保健用食品(トクホ)


最近ではこのマークが付いたコンビニやスーパーでもよく目にしますよね。
このマークがついているのがいわゆる特定保健用食品(トクホ)です。
トクホはメーカーが製造した食品を個々に消費者庁長官の許可を受けている食品で、からだの生理学的機能などに影響を与える成分を含んでいることにより、特定の保健の効果があることが、国から科学的根拠や有効性や安全性について審査を受けているものです。

特定の保健が科学的に証明されている事により、
「血糖値が気になり始めた方」や「血圧が高めの方」などの表現が許可されています。

栄養機能食品

栄養機能食品はライフスタイルなどにより、一日に必要な栄養素が足りない場合、その補給のために利用される食品で、一日当たりの摂取目安量に含まれる当該栄養成分量が定められた上・下限値の範囲内にある必要があるほか、栄養機能表示だけでなく注意喚起表示等も表示する必要があります。

表示の対象となる栄養素としては、ミネラル5種類、ビタミン12種類になっていて、いずれも体の生命活動に必要な栄養素になっています。

表示例としては
・栄養機能食品(カルシウム)
・カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。
などですね。
他にも注意喚起などもあります。

ちなみに栄養機能食品は基準さえ満たしていれば、国に許可や申請は必要ありません。

機能性表示食品

事業者(企業・団体など)の責任で科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

最終製品によるヒトでの試験または文献や論文を引用することによって科学的に根拠を示す必要があります。
特定保健用食品とは違い、消費者庁長官の許可を得たものではありませんが、届け出をすることで特定の効果について表示する事が出来ます。
表示例としては
「脂肪の吸収を穏やかに」や「記憶の精度を高める、記憶力の維持」、「おなかの調子を整える」などです。

機能性表示食品は平成27年4月から始まった、まだ新しい制度ですが、新しい製品が続々と発売されています。

一般食品

普通に販売されている食品で、機能の表示をする事は出来ません。
しかしだからと言って機能が無いわけではありません、
例えば野菜などは栄養素が入っていますが、機能を表示する事は出来ません。
ただ認可を得ていないので機能について表示する事が出来ないんです。

まとめ

サプリメントを選ぶ際には、保健機能食品に選ばれている物が一般品のサプリメントよりも安心感は高いと思います。しかし保健機能食品ではないからと言って機能が無いわけではありません。実際には効果よりも安心感が高いと考えるの正しいと思います。今後まだまだ保健機能食品が出てくると思いますが、最終的には名前だけにとらわれずに本当に自分にあったものを選ぶのが良いでしょう。

サプリメントコラム