瀬山 美希瀬山 美希
あらゆるサプリメントに精通しているエキスパート。
その知識はあらゆる相談者を救ってきた。

         

柴岡 さやか柴岡 さやか
仕事や育児に忙しい3児のママ、
自分に合ったサプリを探し続けている。

         

細尾 シオ細尾 シオ
女性に多い悩みに詳しい女医、
医学的見地からサプリメントを科学する

美希美希

今回は保健機能食品制度についてよ、サプリメントを使うなら知っておいて損はないわ。

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

最近よく聞くトクホとかの事ですか?コンビニでもトクホのお茶とかよく見かけますよね。

美希美希

そうよ、トクホも保健機能食品制度の1つなの、今日本ではサプリメントがホントにあふれているの、その中にはとても安全じゃない物も含まれている事が多いの、それを見分ける基準の1つとして保健機能食品制度を参考にするのも、良いサプリメントを選ぶ際に必要な事よ。

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

そういえば以前に中国のダイエットサプリを使って死亡した人もいましたよね、そうなると怖いな~

美希美希

あれはホントに痛ましい事件だったわ、私は海外製のサプリは使わない事をおススメしているのよ、やっぱり日本製が世界でも安全性は高いから最低でも日本製を使ってね。

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

海外製は怖いですもんね、でも日本製だからってなんでも良いわけではないんですよね?

美希美希

一部の日本製のサプリは効果が無かったりする事もあるのよ、その為にも一つの基準として保健機能食品制度があるのよ、じゃあ保健機能食品制度について解説するわね。

保健機能食品制度とは

保健機能食品制度とは、国が有効性や安全性を個別に審査し許可した特定保健用食品(トクホ)と、国が定める特定の栄養成分の規格基準に適合した栄養機能食品に加えて、新しく「機能性表示食品」制度ができ、食品の目的や機能等の違いにより、「特定保健用食品」、「栄養機能食品」、「機能性表示食品」に分けられます。

特定保健用食品(トクホ)


最近ではこのマークが付いたコンビニやスーパーでもよく目にしますよね。
このマークがついているのがいわゆる特定保健用食品(トクホ)です。
トクホはメーカーが製造した食品を個々に消費者庁長官の許可を受けている食品で、からだの生理学的機能などに影響を与える成分を含んでいることにより、特定の保健の効果があることが、国から科学的根拠や有効性や安全性について審査を受けているものです。

特定の保健が科学的に証明されている事により、
「血糖値が気になり始めた方」や「血圧が高めの方」などの表現が許可されています。

栄養機能食品

栄養機能食品はライフスタイルなどにより、一日に必要な栄養素が足りない場合、その補給のために利用される食品で、一日当たりの摂取目安量に含まれる当該栄養成分量が定められた上・下限値の範囲内にある必要があるほか、栄養機能表示だけでなく注意喚起表示等も表示する必要があります。

表示の対象となる栄養素としては、ミネラル5種類、ビタミン12種類になっていて、いずれも体の生命活動に必要な栄養素になっています。

表示例としては
・栄養機能食品(カルシウム)
・カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。
などですね。
他にも注意喚起などもあります。

ちなみに栄養機能食品は基準さえ満たしていれば、国に許可や申請は必要ありません。

機能性表示食品

事業者(企業・団体など)の責任で科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

最終製品によるヒトでの試験または文献や論文を引用することによって科学的に根拠を示す必要があります。
特定保健用食品とは違い、消費者庁長官の許可を得たものではありませんが、届け出をすることで特定の効果について表示する事が出来ます。
表示例としては
「脂肪の吸収を穏やかに」や「記憶の精度を高める、記憶力の維持」、「おなかの調子を整える」などです。

機能性表示食品は平成27年4月から始まった、まだ新しい制度ですが、新しい製品が続々と発売されています。

一般食品

普通に販売されている食品で、機能の表示をする事は出来ません。
しかしだからと言って機能が無いわけではありません、
例えば野菜などは栄養素が入っていますが、機能を表示する事は出来ません。
ただ認可を得ていないので機能について表示する事が出来ないんです。

まとめ

サプリメントを選ぶ際には、保健機能食品に選ばれている物が一般品のサプリメントよりも安心感は高いと思います。しかし保健機能食品ではないからと言って機能が無いわけではありません。実際には効果よりも安心感が高いと考えるの正しいと思います。今後まだまだ保健機能食品が出てくると思いますが、最終的には名前だけにとらわれずに本当に自分にあったものを選ぶのが良いでしょう。

サプリメントコラム

便秘で思い悩んでいる女性は、ずいぶん多いそうです。どんな理由で、それほど女性に便秘が多いのか?反対に、男性は胃腸を痛めることが少なくないらしく、下痢に頻繁になる人も大勢いると言われています。
20歳前後という人の成人病が年を追うごとに右肩上がりとなっており、これらの病の主因が年齢だけにあるのではなく、普段の生活の種々の部分にあることが分かったため、『生活習慣病』と呼ばれる様になったと教えられました。
便秘解消の為にいくつもの便秘茶又は便秘薬が開発されていますが、過半数に下剤に似た成分が混合されていると聞きます。これらの成分のせいで、腹痛を発生してしまう人もいるわけです。
多種多様にある青汁の中から、個々に丁度いい青汁を買う場合は、当然ポイントがあるわけです。つまる所、青汁に望むのは何なのかをはっきりさせることなのです。
グルコサミンが有していて、アルギニンと称されているアミノ酸は、細くなった血管を通常の太さにするという作用をしてくれます。尚且つ、白血球が互いに引っ付くのを封じる作用もあります。

「クエン酸と聞けば疲労回復」と発してしまうように、クエン酸の働きとしていろんな方に知られているのが、疲労を取り除いて体をリフレッシュしてくれることです。なぜ疲労回復に好影響を及ぼすのでしょうか?
栄養に関しては諸説あるわけですが、特に大事なことは、栄養は「量」じゃなく「質」ですよということです。大量に食することに頑張ったところで、栄養がしっかりとれるわけじゃありません。
ストレスが溜まると、種々の体調不良が生じますが、頭痛も代表的な症状だと言えます。この場合の頭痛は、生活習慣が問題となっているわけですから、頭痛薬に頼っても解消されません。
健康食品につきましては、いずれにしても「食品」であって、健康をサポートするものだと言われます。ですから、それだけ服用していれば健康増進を図ることができるというのではなく、健康の維持に役立てるものと考えるべきです。
葉酸においての焦点を当てたい効能・効果というのは、生活習慣病の抑制と改善効果だと考えられます。その中でも、血圧を通常に戻すという効能は、葉酸にもたらされた文句なしのウリでしょう。

それぞれの業者が頑張ったおかげで、キッズでも飲みやすい青汁が出回っております。そういう背景から、ここ最近は子供から老人の方まで、青汁を選ぶ人が増えているようです。
強く認識しておいてほしいのは、「サプリメントは医薬品とは別物」という現実。いくら評判の良いサプリメントだとしても、三回の食事そのものの代用品にはなることは不可能です。
バランス迄考え抜かれた食事は、間違いなく疲労回復には大事な要素ですが、その中でも、なかんずく疲労回復に秀でた食材があると言われるのです。なんと、お馴染みの柑橘類とのことです。
サプリメントの場合は、医薬品とは違って、その効果・効能とか副作用などの検査は満足には実施されていないものがほとんどです。更には医薬品との見合わせるという場合は、気をつけなければなりません。
青汁についてですが、元から健康飲料という位置付けで、日本国民に愛されてきた商品です。青汁というと、元気いっぱいの印象を持つ人も数多いと思います。

生活習慣病を阻止するには、自分勝手なくらしを正常にするのが一番実効性がありますが、長年の習慣をいきなり変更するというのは無茶だと考える人もいるのではないでしょうか。
様々な食品を食べるようにすれば、いつの間にか栄養バランスは好転するようになっています。その上旬な食品に関しましては、その時を外すと楽しめないうまみがあります。
サプリメントは健康増進に貢献してくれるという面では、医薬品に非常に近い感じがしますが、正確に言うと、その位置付けも認可の仕方も、医薬品とはほとんど異なります。
サプリメントと言いますのは、あなた自身の治癒力や免疫力を強めるといった、予防効果を目指すためのもので、類別しますと医薬品にはならず、野菜などと同じ食品の中に入ります。
多岐に亘る人脈のみならず、広い範囲に亘る情報がゴチャゴチャになっている状況が、一段とストレス社会を後戻りできないものにしていると言っても過言じゃないと思っています。

お忙しいビジネスパーソンからしたら、満足できる栄養素を三度の食事だけで補うのは至難の業になります。そういう理由から、健康に気を遣う人の間で、「サプリメント」に人気が集まっているのです。
血流状態を改善する働きは、血圧を正常にする効能とも関連性があるはずなのですが、高麗人参の効果としましては、一番有益なものだと明言できます。
栄養を体内に摂り込みたいなら、連日の食生活に気をつけるべきです。連日の食生活において、充分ではないと考えられる栄養を補う為の品が健康食品であり、健康食品ばかりを体内に入れていても健康になるものではないのです。
普通の食べ物から栄養を摂取することができなくとも、サプリメントを飲めば、面倒なこともなく栄養を加えることが可能で、美と健康を自分のものにできると思い違いしている女性達が、かなり多くいるのだそうですね。
生活習慣病というものは、66歳以上の要介護の元凶とも考えられているので、健康診断をやって「血糖値が高い」等の数値が見られる場合は、一刻も早く生活習慣の改善に取り掛かることが必要です。