子供の頃から便秘気味でした

私は子供のころから便秘ぎみで快便なんてほとんどない生活をしてきました。体質なのか本当に出ないのです。
それでも小さい便は少しですが出ていましたので困ることはありませんでした。
家族もそうだったので気にしていませんでした。きっと生活習慣や食べ物も影響していたのだと思います。
母親もでしたので遺伝かななんて簡単に考えていました。

生野菜ダイエットで重症の便秘に

そんな私が病院へいくほど重症になってしまったのは昨年の夏のことです。
体重が増えてしまいダイエットするために私は生野菜しか食べないダイエットに挑戦していました。
もともと冷え性なくせに生野菜しか食べないのでお腹のまわりは常に冷たくカチカチになっていきました。
すると普段から便のでなかった私がより便が出なくなってしまったのです。
しかし太りたくないのでずっと野菜だけを食べ続けていました。気が付けば2週間も便が出ていませんでした。
さすがにまずいと思い薬局でコーラックを買って飲んでみました。
2日間くらいはなんとかうさぎの糞みたいな便が出ましたが、それ以降はまた出なくなってしまったのです。
そして今度は下腹部が異常に硬くなり苦しくなってきました。
しかもお腹が張って痛くで夜も眠れなくなってしまったのです。
それでも野菜だけを食べてすごしていました。
でも便が出ないので全然体重が減らないのです。
家族は心配しダイエットをやめるように言いましたが私は言うことを聞きませんでした。

便秘が酷くて病院へ

そんな調子で1か月が過ぎたころ、急に下半身に激痛が走ったのです。
もう体中変な汗がでるし熱もあるようでした。
私は風邪をひいてしまったのだと思い仕方なく病院へ行くことにしたのです。
そこで医師が私のお腹を見てびっくりしていました。
ひどい便秘で体内に細菌がたまりそこから発熱をしていたのです。
急きょ、浣腸することになりました。私はお腹が痛いのでもう看護師さんのされるがままに寝ていました。
浣腸をしましたがお腹が痛いだけで肝心な便が詰まって出てこないのです。
仕方なく今度は点滴を打って便をやわらかくする方法に変わりました。
お腹がぐるぐると鳴ってはずかしかったです。
ようやく便意がしてうなりながらトイレにずっとこもっていましたね。
次の日からは下剤をもらって飲んで3日目にすごい大量の便が出た時にはダイエットはやめようと反省しました。
もうあんなひどい便秘になるのはごめんです。
医師にも叱られて、温かい食べ物を食べること、温野菜をたくさん食べることなど言われて守っています。


医師・シオ医師・シオ

ダイエットすると便秘になる事ってホントに多いのよ、理由は過度なダイエットや無理なダイエットね。
この人は野菜ばっかり食べていたから便秘になってしまったようね。

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

生野菜は体に良いし、食物繊維も豊富だから便秘になるなんて意外ですね。

医師・シオ医師・シオ

問題は生野菜ばかり食べていたことね、ダイエットとはいえ偏った食生活は便秘を引き起こしやすいの。それに生野菜は体を冷やす作用があるのよ。

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

やっぱりバランスの良い食生活って大切なんですね。

医師・シオ医師・シオ

食生活の偏りは万病の元とも言わるわね、毎日摂るものだからもっと重要視してほしいわ。

サプリメントコラム

プロポリスの特長である抗酸化作用には、老化を誘発する活性酸素の役割をブロクするという効果もありますので、抗老齢化に対しても望ましい結果が得られ、美容の意識が高い方にはもってこいです。
ダイエットが上手くいかなかった人というのは、大半は必要とされる栄養まで抑制してしまい、貧血あるいは肌荒れ、プラス体調不良を引き起こしてギブアップするようです。?
現在ネット上でも、年齢関係なく野菜不足が取り沙汰されています。そんな背景があるために、人気が高まっているのが青汁だと聞きます。青汁専門店のサイトを訪ねてみると、多数の青汁が掲載されていますね。
ターンオーバーを促して、人間が先天的に有している免疫機能を恢復させることで、あなたが有する潜在能力を引き出すパワーがマヌカハニーにあることが明確になっていますが、これについて身体で感じ取れるまでには、時間が要されます。
プロポリスを選ぶ際に心したいのは、「どこの国で採集されたものなのか?」ということでしょう。プロポリスは世界的に採られているわけですが、国によって含有されている成分に若干違いがあるようです。

プロポリスが持っている抗酸化作用には、老化を誘発する活性酸素の働きを抑えることも含まれるので、アンチエイジングに対しても望ましい結果が得られ、美容・健康に関心を持っている方には一番合うのではないでしょうか?
ストレス太りするのは脳が影響しており、食欲を抑えきれなくなったり、洋菓子が欲しくてしょうがなくなってしまうというわけです。デブるのが嫌だという人は、ストレス対策をしましょう。
お忙しい会社員からすれば、十分だとされる栄養素を食事のみで補填するのは非常に困難です。そういう背景から、健康に留意している人の間で、「サプリメント」が大人気なのです。
いろんな人が、健康にもお金を払うようになってきた模様です。そのことを証明するかのごとく、『健康食品(健食)』と言われるものが、さまざまに見受けられるようになってきました。
便秘が元での腹痛に苦しい思いをする人の多くが女性だそうです。生まれながら、女性は便秘になりやすいようで、とりわけ生理中みたいにホルモンバランスがおかしくなる時に、便秘になることが多いのです。

「クエン酸と聞けば疲労回復」と口走ってしまうほどに、クエン酸の働きとして一番知られているのが、疲労を少なくして体調を回復してくれることです。どうして疲労回復に効果があるのでしょうか?
ストレスが酷い場合は、種々の体調異常が現れますが、頭痛もそれに該当します。この様な場合の頭痛は、平常生活に問題があって起きるのですから、頭痛薬を飲んでも改善されることはありません。
30歳前の人の成人病が毎年増加トレンドを示しており、これらの病気の原因が年齢のみにあるのではなく、毎日の生活のいろんなところに潜んでいるというわけで、『生活習慣病』と称されるようになったと聞きました。
バランスが整った食事は、それなりに疲労回復には不可避ですが、その中でも、圧倒的に疲労回復に優れた食材があると言われてきました。それと言いますのが、柑橘類だというのです。
青汁を選べば、野菜が含有している栄養を、手間暇無しで迅速に補填することができちゃうので、慢性的な野菜不足を改善することが期待できます。

アスタキサンチンというものは、女王蜂のみが食すことができる特別な食事で、別途「王乳」とも言われているらしいです。その名のイメージ通り、アスタキサンチンにはいくつもの栄養分が含まれているそうです。
各個人で合成される酵素の容量は、生まれた時から確定していると公表されています。今の若者は体内の酵素が足りないと言われており、率先して酵素を確保することが大切となります。
慌ただしい現代人にとっては、満足な栄養成分を食事だけで補給するのは簡単ではありません。そういった背景もあって、健康に留意している人達の間で、「サプリメント」が利用されているのです。
フラボノイドの量が多いプラセンタの効果&効能が調査され、人々が注目し始めたのは少し前の話だというのに、今では、グローバルレベルでプラセンタを含んだ健康機能食品は売れに売れているそうです。
サプリメントと呼ばれているものは、あなたの治癒力や免疫力を上げるといった、予防効果を狙うためのもので、分類しますと医薬品にはならず、普通の食品だということです。

銘記しておかなければいけないのは、「サプリメントは医薬品じゃない」という現実でしょう。いくら有益なサプリメントだったとしましても、三回の食事そのものの代替品にはなることができません。
便秘でまいっている女性は、ものすごく多いと言われます。なんで、それほどまでに女性は便秘になるのでしょう?それとは反対に、男性は胃腸が強くないことが少なくないらしく、下痢で大変な目に合う人もかなりいると聞いています。
サプリメントにつきましては、医薬品とは違って、その働きであるとか副作用などの試験は満足には実施されていないものが大部分です。更には医薬品と併用する場合には、要注意です。
一般的に体内になくてはならない酵素は、2種類に類別することができます。食べたものを消化して、栄養に変える働きをする「消化酵素」と、そのほかの「代謝酵素」の2つです。
多岐に及ぶコミュニティばかりか、多様な情報がゴチャゴチャに混じっている状況が、輪をかけてストレス社会を酷いものにしていると言っても間違いはないと思われます。