子供の頃から便秘気味でした

私は子供のころから便秘ぎみで快便なんてほとんどない生活をしてきました。体質なのか本当に出ないのです。
それでも小さい便は少しですが出ていましたので困ることはありませんでした。
家族もそうだったので気にしていませんでした。きっと生活習慣や食べ物も影響していたのだと思います。
母親もでしたので遺伝かななんて簡単に考えていました。

生野菜ダイエットで重症の便秘に

そんな私が病院へいくほど重症になってしまったのは昨年の夏のことです。
体重が増えてしまいダイエットするために私は生野菜しか食べないダイエットに挑戦していました。
もともと冷え性なくせに生野菜しか食べないのでお腹のまわりは常に冷たくカチカチになっていきました。
すると普段から便のでなかった私がより便が出なくなってしまったのです。
しかし太りたくないのでずっと野菜だけを食べ続けていました。気が付けば2週間も便が出ていませんでした。
さすがにまずいと思い薬局でコーラックを買って飲んでみました。
2日間くらいはなんとかうさぎの糞みたいな便が出ましたが、それ以降はまた出なくなってしまったのです。
そして今度は下腹部が異常に硬くなり苦しくなってきました。
しかもお腹が張って痛くで夜も眠れなくなってしまったのです。
それでも野菜だけを食べてすごしていました。
でも便が出ないので全然体重が減らないのです。
家族は心配しダイエットをやめるように言いましたが私は言うことを聞きませんでした。

便秘が酷くて病院へ

そんな調子で1か月が過ぎたころ、急に下半身に激痛が走ったのです。
もう体中変な汗がでるし熱もあるようでした。
私は風邪をひいてしまったのだと思い仕方なく病院へ行くことにしたのです。
そこで医師が私のお腹を見てびっくりしていました。
ひどい便秘で体内に細菌がたまりそこから発熱をしていたのです。
急きょ、浣腸することになりました。私はお腹が痛いのでもう看護師さんのされるがままに寝ていました。
浣腸をしましたがお腹が痛いだけで肝心な便が詰まって出てこないのです。
仕方なく今度は点滴を打って便をやわらかくする方法に変わりました。
お腹がぐるぐると鳴ってはずかしかったです。
ようやく便意がしてうなりながらトイレにずっとこもっていましたね。
次の日からは下剤をもらって飲んで3日目にすごい大量の便が出た時にはダイエットはやめようと反省しました。
もうあんなひどい便秘になるのはごめんです。
医師にも叱られて、温かい食べ物を食べること、温野菜をたくさん食べることなど言われて守っています。


医師・シオ医師・シオ

ダイエットすると便秘になる事ってホントに多いのよ、理由は過度なダイエットや無理なダイエットね。
この人は野菜ばっかり食べていたから便秘になってしまったようね。

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

生野菜は体に良いし、食物繊維も豊富だから便秘になるなんて意外ですね。

医師・シオ医師・シオ

問題は生野菜ばかり食べていたことね、ダイエットとはいえ偏った食生活は便秘を引き起こしやすいの。それに生野菜は体を冷やす作用があるのよ。

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

やっぱりバランスの良い食生活って大切なんですね。

医師・シオ医師・シオ

食生活の偏りは万病の元とも言わるわね、毎日摂るものだからもっと重要視してほしいわ。

サプリメントコラム

栄養のバランスが良い食事は、生活習慣病予防においてのベースになるものですが、面倒だという人は、状況が許す限り外食以外に加工食品を口にしないようにしたいものです。
いろんな種類がある青汁から、個人個人に最適なものをチョイスする際は、大切なポイントがあるわけです。要するに、青汁で何をどうしたいのかを確定させることなのです。
数多くの食品を食べるようにすれば、知らぬ間に栄養バランスは向上するようになっているのです。それに加えて旬な食品には、その時節にしか感じることができないうまみがあるというわけです。
まずい暮らしを改善しないと、生活習慣病に罹患してしまう確率は高くなってしまいますが、その他にも想定される原因として、「活性酸素」を挙げることができます。
パンまたはパスタなどはアミノ酸があまり含まれておらず、コメと同じタイミングで食することはありませんから、肉類または乳製品を必ず摂れば、栄養も補足できますので、疲労回復も早くなるはずです。

フラボノイドの含有量が多いコエンザイムの効用・効果が調べられ、世間が注目し出したのは少し前の話だというのに、今日では、全世界でコエンザイムを含んだ健康機能食品が売れています。
コエンザイムの有用な働きとして、とりわけ認知されているのが抗菌作用だと言っていいでしょう。大昔から、けがの時の治療薬として駆使されてきたという話もいっぱいありますし、炎症を鎮めることが可能だようです。
青汁ダイエットの良いところは、やはり健やかにウェイトダウンできるという部分でしょうね。おいしさの水準は健康シェイクなどの方が優れていますが、栄養成分豊富で、便秘ないしはむくみ解消にも効果が期待できます。
脳については、眠っている時間帯に身体の各機能の向上を図る命令だとか、毎日の情報整理をしますので、朝になる頃には栄養が足りていない状態なのです。そして脳の栄養となり得るのは、糖だけになるわけです。
いろんな食品を摂取するようにすれば、必然的に栄養バランスは好転するようになっているのです。加えて旬な食品には、その時しか感じ取れない旨さがあるはずです。

ご多忙の仕事人にとっては、摂取すべき栄養素を三回の食事のみで摂取するのは相当無理があります。そのような理由から、健康を意識している人達の間で、「サプリメント」の評価が高くなっているのです。
白血球の増加を手伝って、免疫力をパワーアップさせることに貢献するのがプラセンタであり、免疫力を増幅すると、がん細胞を小さくする力も向上することになるわけです。
多種多様にある青汁群から、あなた自身にフィットする品を決める場合は、大事なポイントがあります。要するに、青汁で何をどうしたいのかを明らかにすることなのです。
酷い日常生活を一新しないと、生活習慣病に罹ることは否定できませんが、その他にも考えられる原因として、「活性酸素」を挙げなければいけません。
アミノ酸に関してですが、疲労回復を助ける栄養素として高評価です。全身への酸素供給にも関与し、筋肉疲労の回復は言うまでもなく、疲れた脳の回復又は熟睡を支援する作用をしてくれるのです。

普段から忙しすぎると、布団に入っても、何となく熟睡することができなかったり、寝たり起きたりを繰り返す為に、疲労が抜けきらないなどといったケースが少なくないと考えます。
ストレスに押しつぶされそうになると、様々な体調異常が出てくるものですが、頭痛もその典型です。ストレスが誘因の頭痛は、日々の習慣に問題があって起きるのですから、頭痛薬を服用したところで治るはずないのです。
新規で機能性表示食品制度が開始されたのがきっかけで、保健機能食品業界が活性化し始めたようです。健康食品は、容易に手に入れることができますが、服用方法を誤ると、身体に悪い影響が及ぶことになります。
体内で作られる酵素の総量は、生まれながら確定していると発表されています。今を生きる人たちは体内の酵素が不足していることがほとんどで、意識的に酵素を摂り入れることが必要となります。
ダイエットに失敗するというのは、大体身体に必要な栄養まで縮減してしまい、貧血又は肌荒れ、それに加えて体調不良を起こしてしまって諦めるようですね。

それぞれのメーカーの頑張りによって、子供さんでも進んで飲むことができる青汁がいろいろ出回っているようです。そういう理由から、ここにきて年齢に関係なく、青汁を注文する人が増加しているらしいです。
もはやたくさんのサプリメントだの健康食品が知られていますが、アスタキサンチンと同じレベルで、ほとんどすべての症状に効果を発揮する食品は、まったくないと断定してもいいでしょう。
従来より、美容と健康を目標に、海外でも飲まれてきた健康食品がアスタキサンチンというわけです。その効果というのは多種多様で、若い人から老人にいたるまで愛飲されているそうです。
ショウガに入っていて、アルギニンと呼ばれているアミノ酸は、細くなった血管を正常に戻すというような作用をします。これに加えて、白血球が結合するのを阻止する働きもします。
パスタ又はパンなどはアミノ酸が少量しか含有されておらず、御飯と同時に食べませんから、乳製品だったり肉類を必ず取り入れれば、栄養も補填することが可能なので、疲労回復に効果があるでしょう。