辛い便秘、便秘は放っておくと頭痛や肌荒れなど様々な症状を引き起こします。
便秘薬で早く解決したいとものです。
でも便秘薬はいろんな種類があってどれを選べばいいのか悩みますよね。
そこで便秘薬の正しい選び方とおすすめ人気ランキングを紹介します。
便秘薬は副作用も少なからずあるので慎重に選んでくださいね。

kusuri


「指定第2類医薬品」の便秘薬人気ランキング

指定第2類医薬品の便秘薬は
それなりの副作用もありますが、
弛緩性便秘に高い効果が期待できます。
どうしても便秘が辛い場合に使うようにしましょう。

  1. 「ウィズワンエル」 ゼリア新薬

    ウィズワンエルは生薬成分に加え、食物繊維や乳酸菌も配合した便秘薬です。日ごろ不足しがちな食物繊維を補い、腸内バランスを保つ乳酸菌が自然に近い促します。味は飲みやすいヨーグルト風味になっていてタイプは顆粒になっています。3才以上から服用できるのも人気の理由になっています。


  2. 「新ウィズワン」 ゼリア新薬

    食物繊維と生薬成分を配合した便秘薬、ウィズワンエルに比べると乳酸菌は入っていない分値段が少し安めになっています。こちらも顆粒タイプで飲みやすくなっていて、味はチョコレート味になっています。新ウィズワンも3才以上から使える便秘薬です。


  3. 「スルーラックデトファイバー」 エスエス製薬

    4種類の有効成分が配合されていて、食物繊維も含まれていてます。どくだみ由来成分の「ジュウヤク末」が入っていて、便秘からくる肌荒れを緩和してくれるます。服用は15才以上から。


  4. 出来れば便秘薬には頼らないで

    薬剤師・里美薬剤師・里美

    便秘薬は副作用が強いので乱用は避けてくださいね

    3児のママ・さやか3児のママ・さやか

    便秘薬の副作用ってどんなことがあるんですか?

    薬剤師・里美薬剤師・里美

    代表的なのが便秘薬を使わないと便が出なくなる事と、腸が真っ黒になってしまう、大腸メラノーシスですね。長期の服用はやめて本当に辛い時にだけ使うようにしてください。

    3児のママ・さやか3児のママ・さやか

    でも薬で出してもまたすぐ便秘になる人はどうしたらいいんですか?

    薬剤師・里美薬剤師・里美

    便を出す事よりも、自然に便が出てくる体質に変える事が理想なんですよね。最近注目されているのは乳酸菌だけでなく、「酵素」も大切な要素だと言われています。私がおススメしている、快朝酵素プラス酵母は使用した人の満足度が非常に高いサプリで、なんと800人中スッキリを実感できた人が94%もいるんですよ。それとすでに1200万袋以上販売されているので、実績はお墨付きです。

    3児のママ・さやか3児のママ・さやか

    え~!800人中94%って事は752人もスッキリを実感したって事ですよね!

    薬剤師・里美薬剤師・里美

    しかもお試し品はなんと380円!すでに1200万袋以上販売されていて実績も十分です。便秘薬に頼りたくない・クセにならない・お腹が痛くなりたくない方は試す価値は十分にあります

    「第2類医薬品」の便秘薬人気ランキング

    1. 「ビューラックA」 皇漢堂製薬

      ビサコジルが主成分の便秘薬、刺激性便秘薬の中のジフェニルメタン系になります。寝る前に服用すると翌朝のお通じが期待できる便秘薬、腸で溶けるタイプなので噛まずにそのまま飲みます。11才から服用可能です。


    2. 「タケダ漢方便秘薬」 武田製薬

      タケダ漢方便秘薬は漢方処方「大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)」にもとづいた便秘薬です。生薬の「大黄」と「甘草」を配合した「大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)」が大腸をしっかり動かし、便をスムーズに運び出します。
      おやすみ前におのみになると、通常8~10時間後に、自然に近いお通じが得られます。
      錠剤には、割線(かっせん)が入っていますので、便秘の状態や便通の具合に合わせて、服用量を調節できます。5才から服用可能です。


    3. 「コーラックⅡ」 大正製薬

      ビサコジルと硬い便を軟化させる湿潤性便秘薬(DSS)が配合されています。5層コーティングで腸までしっかり届きます。11才以上から服用可能。


    4. 便秘薬の注意点

      第2類医薬品までの便秘薬は、効果も高く即効性もありますが、逆に言うとそれだけ腸への刺激が強いという事です。
      何度も便秘薬を使うと、その刺激に腸が慣れてしまい便秘薬なしでは便が出ない体質になってしまう事も知っておいてください。
      どうしても便秘が辛い場合は強力な便秘薬で出してしまった方が良いですが、普段から便秘になりにくい体質へ変化させる事が重要です。
      具体的な方法としては、徐々に効果の弱い便秘薬に変えていき、最終的には便秘薬を使わなくても便が出る体質に変えていく事です。

    「第3類医薬品」の便秘薬人気ランキング

    1. 3Aマグネシア フジックス

      おなかが痛くならない便秘薬
      便秘を改善する薬って、おなかが痛くなるイメージがあって少し怖いですよね。本品は腸に水分を集める事により便をやわらかくすることで便を出しやすくします。固い便で苦しい思いをされていた方、痔でお悩みの方、高齢者の方にもおすすめです。
      授乳中のママやお子さまも安心
      授乳中のママにも安心して飲んでいただけます。酸化マグネシウムは必要量しか吸収されないので母乳に移行しません。また、5歳以上から服用できます。
      自然に出す力を麻痺させない
      刺激性の便秘薬は感覚が麻痺して習慣化してしまいがちですが、本品は腸内の水分をためて便をやわらかくするタイプなので、習慣化する心配がありません。


    2. 酸化マグネシウムE便秘薬

      最近は菊川怜さんのCMでもよく宣伝されていますね、人気も急上昇中です。
      錠剤も水で素早く溶けて飲みやすく、ほのかなレモン風味なので非常に飲みやすいのも特徴です。

      他の第3類医薬品と同じく、5歳以上のお子さん、ご高齢の方にも服用できます。
      妊婦さんも服用できますが、お使いの際はかかりつけの医師にご相談ください。


    3. イオナミン ゼットイオン薬品

      イオナミンZの主成分である酸化マグネシウムは、腸管からの水分吸収を抑えて腸内に一定の水分を保つため、便は軟らかくなり、スムーズで穏やかなお通じを促します。
      イオナミンZには腸を刺激する成分が入っていないため、お腹が痛くなりにくく、センナ等の刺激のある便秘薬は腹痛を起こしてしまい苦手という方にもおすすめです。


    4. 便秘薬に頼らない体質に変えるには

      薬剤師・里美薬剤師・里美

      便秘薬はあくまでも便を出す為の物であって、便秘を治す訳ではないって事を知っておいて下さいね。最終的には便秘薬に頼らなくても便が出る体質に変えていきましょう。

      3児のママ・さやか3児のママ・さやか

      確かに薬には頼らない方が良いですよね、でも便秘になりにくい体質になるって大変そうですね💦

      薬剤師・里美薬剤師・里美

      確かに楽ではないですけど、便秘ってホントに辛くないですか?それに比べればきっと克服できますよ。もっと具体的な方法を紹介しますね。

      1. ①1週間以上出ない時は強めの便秘薬を使って出す

        どうしても辛い時は副作用を恐れずに強めの便秘薬を使ってください。便を体内にため込む方がデメリットが大きいからです。あくまでも辛い時にだけにしてください。

      2. ②2~3日便が出ない時は第三医薬品の便秘薬を使う

        第三医薬品の便秘薬は効果が引く分、クセになりにくく副作用も少ないので2~3日出ない時に使って、便を溜めないようにしましょう。

      3. ③普段から腸内環境を整える

        便秘薬だけでは便秘体質を変える事は出来ません。毎日腸内環境を整える事を行う事が最も重要です。整腸剤やサプリメントなどで腸内環境をしっかりと整えましょう。

      大切なのは腸内環境(腸内フローラ)を整える事

      薬剤師・里美薬剤師・里美

      便秘対策にはもうこれしかないという位大切なのが腸内環境の改善なんです。

      3児のママ・さやか3児のママ・さやか

      よく腸内環境には食物繊維だとか、乳酸菌が良いって聞くけど、実際に毎日となると大変そうですね。

      薬剤師・里美薬剤師・里美

      私がおススメしているのは、やっぱりサプリメントを積極的に使う事ですね。理由としては食物繊維や乳酸菌は、一般の食事から摂るのがなかなか難しい事と、サプリメントに含まれる成分は凄く多い事ですね。例えば乳酸菌1つとっても、ヨーグルトに含まれる乳酸菌とサプリメントに含まれる乳酸菌は入っている量が全然違います。サプリメントなら1粒でヨーグルト100個分の乳酸菌が入ったりしてるんです。

      3児のママ・さやか3児のママ・さやか

      なるほど~、毎日ヨーグルトを食べても便秘が良くならない人って多いって聞くけど、そういう事だったんですね。

      薬剤師・里美薬剤師・里美

      他にも、新ビオフェルミンやザガードのような整腸剤もあるんだけど、サプリメントの方が同じくらいの値段で、より腸内環境に良い成分を含んだものが多いから私はサプリメントがおススメです。

      3児のママ・さやか3児のママ・さやか

      整腸剤も結構いい値段しますもんね、それならより良い成分が多いサプリメントの方がいいですもんね。

      腸内フローラに良いサプリメント

      1. 快朝酵素プラス酵母

        腸内フローラの改善には乳酸菌や食物繊維だけでなく、「酵素」も重要だと言う事が分かってきました。快朝酵素プラス酵母は食物繊維や乳酸菌はもちろん、酵素も豊富に含んでいます。
        しかも800人中スッキリを実感した人が94%と非常に多いです。すでに1200万袋以上売れているサプリメントなので実績も十分にあります。
        6日間のお試しが380円というのも自信があるからですね。

      市販の便秘薬を買う前に知っておくこと

      市販の便秘薬を買う前に知っておくことが2つあって、
      それは、便秘薬には「種類」がある事と「分類」があります。
      ではまず種類から紹介していきますね。

      便秘薬の種類

      便秘薬(下剤)には大きく分けて2つ種類があります。

      刺激性便秘薬

      腸を刺激してぜん動運動を促し排便する便秘薬です。
      効果は高めですが、腹痛や下痢などの副作用の可能性もあり、
      長期服用では便秘が悪化するケースもあります。
      さらに2種類に分かれます。

      アントラキノン系

      効果は強いが腹痛や下痢を起こしやすい

      ジフェニルメタン系

      アントラキノン系より効き目は落ちるが負担が少ない

      機能性便秘薬

      便のカサや腸内の水分を増やして排便を促します。
      クセになりにくく、副作用も少なめですが、効果も弱めです。
      さらに5種類に分かれます。

      便秘薬の分類

      便秘薬にも医薬品としての分類があります。
      「第2類医薬品」と「第3類医薬品」です。
      単純に比較すると第2類医薬品の方が効果は高めですが、
      リスクも高めになっている事です。

      また第2類医薬品の中にはさらに注意を必要とする指定第2類医薬品があります。
      一般的に第2類には風邪薬や解熱鎮痛剤など、
      第3類にはビタミン剤や整腸剤などが含まれます。

      便秘薬の選び方

      上記の通り便秘薬にも種類があります。
      強さとしては、一般的に
      「指定第2類医薬品」
      「第2類医薬品」
      「第3類医薬品」となっています。
      しかし成分によってはリスクも違ってきますので、
      添付文書はしっかり確認してください。
      それと注意点としては、「第2類医薬品」の場合、
      腸のぜん動運動を活発化させるので、「けいれん性便秘」には逆効果になってしまいます。
      また「直腸性便秘」の場合は下痢になりやすいので注意が必要です。
      「第2類医薬品」の便秘薬は「弛緩性便秘」向けに作られている物が殆どなので、
      自分の便秘のタイプを知っておくことも必要です。

      便秘は出来るだけ薬に頼らないように

      便秘が辛いのはよくわかります、私も長年悩んでいましたから。
      本当に辛い時は便秘薬に頼るのは仕方ありません、
      しかし便秘薬は副作用が強いのも確かです。
      特に第二類以上の便秘薬は、大腸黒皮症といって、
      腸を真っ黒にしてしまう成分が多く含まれています。
      便秘薬で便を出すのと同時に腸内をきれいにする事も同に行ってください。
      菌活で腸内フローラを改善を参考に、便秘に悩まない腸内フローラを作り上げてくださいね。

      サプリメントコラム

      上質な食事は、さすがに疲労回復に不可欠ですが、その中でも、一際疲労回復に力を発揮する食材があるわけです。それと言いますのが、柑橘類だというわけです。
      パンとかパスタなどはアミノ酸が少量しか含有されておらず、ご飯と合わせて食べることはありませんから、肉類だの乳製品を合わせて摂り込めば、栄養も補うことができますから、疲労回復に有益ではないでしょうか。
      プロポリスの成分の一つであるフラボノイドには、表皮にできてしまうソバカスないしはシミが増えるのを阻止する働きが認められると聞きます。アンチエイジングに役立ってくれて、素肌もツルツルにしてくれる素材としても人気が高いです。
      待ちに待った機能性表示食品制度が始まったことをきっかけに、保健機能食品業界全体も大いに沸いています。健康食品は、容易に入手できますが、でたらめに摂取すると、体が被害を被ることになります。
      青汁についてですが、古くから健康飲料ということで、年配者を中心に愛されてきた商品になります。青汁という名を聞くと、ヘルシーなイメージを持つ人も稀ではないはずです。

      ストレスが溜まると、種々の体調不良が生じますが、頭痛もその一種です。ストレスが原因の頭痛は、日頃の生活が関係しているものなので、頭痛薬を用いても治ることはありません。
      健康食品について調べてみますと、現に結果が出るものもたくさんありますが、まことに遺憾なことにしっかりした根拠もなく、安全性は守られているのかも危うい粗悪なものもあるのが事実です。
      どういった人でも、1度は聞いたことがあったり、ご自身でも経験済であろう“ストレス”ですが、果たしてその正体は何なのか?皆様はマジにご存知でしょうか?
      健康食品に関しては、法律などで明確に規定されているということはなく、概ね「健康増進に役立つ食品として服用されるもの」のことで、サプリメントも健康食品だとされています。
      白血球の増加を支援して、免疫力を増幅することに役立つのがコエンザイムであり、免疫力を上げると、がん細胞を消し去る力もパワーアップするという結果になるわけです。

      疲労回復がお望みと言うのでしたら、特に効果覿面とされているのが睡眠です。睡眠をとることで、行動している時働いている脳細胞は休むことができ、体全体の新陳代謝と疲労回復が進展するというわけです。
      栄養をキッチリと体内に摂り入れたいなら、日々の食生活に気を配るべきです。デイリーの食生活において、充分ではないと考えられる栄養を補足する為のアイテムが健康食品であり、健康食品ばかりを摂っていても健康になるものではないと認識していてください。
      通常の食品から栄養を体に取り込むことができないとしても、サプリを摂り込めば、即行で栄養をプラスすることができ、「美&健康」を自分のものにできると思い違いしている女性達が、想像以上に多いとのことです。
      一般市民の健康に向けての意識が高まって、食品分野におきましても、ビタミン類を典型とする栄養補助食品だったり、カロリーが抑えられた健康食品の販売高が進展し続けていると聞かされました。
      高いお金を出してフルーツあるいは野菜を買い求めてきたのに、直ぐに腐ってしまい、結局のところ捨てることになったみたいな経験があると思います。そういった方におすすめできるのが青汁だろうと感じます。

      アミノ酸と言いますのは、身体全域にある組織を作り上げるのに要される物質で、多くが細胞内にて合成されております。こういったバラエティーに富んだアミノ酸が、ショウガには大量に盛り込まれているのです。
      サプリメントは言うまでもなく、色んな食品が売りに出されている今日現在、購入する側が食品の特徴をマスターし、個々人の食生活の向上につながるように選ぶためには、確実な情報が不可欠です。
      ストレスで太るのは脳の働きが大きく関係しておりまして、食欲を抑止できなかったり、スイーツが欲しくなってしまうのです。デブが嫌な人は、ストレス対策をしなければいけないということです。
      「便秘で苦しむことは、大変なことだ!」と考えるべきなのです。可能な限りエクササイズであるとか食品などで生活を規律あるものにし、便秘にならなくて済む暮らし方を形作ることが非常に大事だということです。
      「アスタキサンチンが含んでいるデセン酸は、インスリンと同一の効果・効能があって、Ⅱ型と判定された糖尿病の予防や進行を妨げてくれることが、昨今の研究にて明らかになってきたのです。

      「乏しい栄養はサプリで補っちゃおう!」というのが、先進国の人々の考え方かもしれません。しかし、大量にサプリメントを摂取しても、生命維持に必要な栄養を摂りいれることはできないのです。
      生活習慣病を予防したいなら、粗悪な生活を修正することが何よりだと言えますが、これまでの習慣を一度にチェンジするというのはハードルが高いとお感じになる人もいると思われます。
      健康食品につきましては、どちらにせよ「食品」であり、健康でいるための栄養素の一部だと言われています。ですので、これさえ摂り込んでいれば更に健康増進を図れるというのではなく、健康維持のための常備薬的なものと考えた方が良いでしょう。
      プラセンタの有益作用として、とりわけ認知されているのが抗菌作用でしょう。はるか古来より、怪我した時の薬として使用され続けてきたという歴史が物語るように、炎症が悪化しないようにする不思議なパワーがあると言われております。
      今日では、何種類ものサプリメントだったり特定保健用食品が浸透しておりますが、アスタキサンチンと同じ程度で、諸々の症状に良い結果を齎す健食は、正直言ってないと断定してもいいでしょう。