辛~い便秘、何とか解消したいですよね。
便秘はあくまでも症状であって、原因ではありません。
ですので、便秘薬は症状を改善するだけで根本的な解消方法とは言えません。
便秘を解消するには便秘体質を改善するのが正しい便秘の解消方法なんですが、
なかなか便秘体質の改善は簡単ではないですよね。
毎日ヨーグルトを食べていたり、運動してみたり、食物繊維を積極的に摂っても
なかなか便秘体質が変わらないと言う人も多いです。
ここでは私が考える理想の便秘体質改善方法を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

便秘体質改善の流れ

便秘体質の改善は一朝一夕で出来るわけではありません。
しっかりと計画を立てて取り組む必要がありますのでじっくりと腰を据えていきましょう。

辛い時は便秘薬を使う

一週間以上便が出ない場合は便秘薬を使ってください。
便をそのまま体内に溜めておくよりも全然良いです。
使う便秘薬としては、浣腸又は刺激性の下剤を使いましょう。
強さとしては、浣腸>刺激性下剤となっています。
しかし当然ながらこの2つのタイプの便秘薬は作用も強いですが、副作用もそれなりに強いです。
腸が黒くなったり、便秘薬を使わないと便が出なくなったりもしますので、
本当に辛い時だけ使うようにして下さいね。

腸内フローラの改善は常に続ける

便秘体質の改善には腸内フローラの改善は欠かせません。
腸内の善玉菌を増やすことによって腸の働きが強まり、自然なお通じが出やすい環境へと変化していきます。
すぐには効果は出てきませんが、良い習慣を体が覚えていくと徐々に便意が起こりやすくなってきます。
腸内フローラの改善にはヨーグルトや発酵食品や食物繊維などを毎日欠かさず食べると良いと言われますが、
本当に便秘に悩んでいる人で、これらでは改善できなかった人も少なくはないのでしょうか?
重要なのは、乳酸菌と食物繊維、そしてオリゴ糖を毎日摂る事です。
乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし、オリゴ糖と食物繊維は善玉菌のエサになります。
私のおススメとしては、サプリメントなどを活用する事です。
サプリメントをおススメする理由としては、例えば乳酸菌1つを例にとってもサプリメントは
ヨーグルトに含まれている乳酸菌の何倍もの乳酸菌が入っています。

発酵食品コラム

発酵食品コラム

東北の人は便秘の人が非常に少ないと言われています。その大きな理由としては発酵食品である「漬物」を毎日食べているからだと言われています。しかし漬物は塩分も高く東北の人は高血圧が多いとも言われています。と言う事は塩分の少ない発酵食品を毎日食べると便秘になりにくい体質になりやすいと言えるでしょう。しかし塩分が低く、さらにカロリー低めで乳酸菌の多い発酵食品はなかなかないので、サプリメントがおススメなんです。

便秘薬を徐々に弱いものに変えていく

便秘薬を徐々に弱いものに変えていきます。
具体的には、刺激性の便秘薬から、水分を保持するタイプの便秘薬に変えていきます。
水分保持タイプの便秘薬は、酸化マグネシウムを使った便秘薬で、
腸内で水分を含んで膨らみ、固まった便を柔らかくする作用があります。
クセになりにくく、副作用も少ないので便通が少しでも良くなってきたら、
この水分を保存するタイプに変更していきましょう。

便秘体質改善のポイント

便秘体質改善のポイントとしては、

  • 「乳酸菌」「食物繊維」「オリゴ糖」を毎日欠かさず摂る。(腸内フローラの改善)
  • 便秘が辛い時は刺激性の便秘薬を使う。(副作用が強いので使い過ぎに注意)
  • 腸内フローラの改善で便通が少しでも出てきたら、水分保持タイプの便秘薬に変更する
  • 便通良くなって来たら腸内フローラの改善を進めながら便秘薬を止める

便秘体質はまずは便を溜めないようにしながら腸内フローラの改善を続ける事がベストです。

出来ればやりたい便秘体質改善方法

毎朝コップ一杯の水を飲む

毎朝コップ一杯の冷たい水をのむ事も習慣付けましょう。
朝に冷たい水を飲む事で、胃や腸に刺激を与え、脳に信号を送る事で信号を受けた脳は、
大腸に便意をもよおすように促します、これを「胃腸反射」と言います。
出来れば冷たい水の方が、より胃に刺激を与えるのでおススメです。
ただし飲みすぎても効果はないので、コップ一杯にしておきましょう。

運動を取り入れる

便秘は男性より女性の方が多いというデーターがありますが、
その原因の1つに筋肉量が少ないという事があります。
ウォーキングやストレッチなどで筋肉量を増やす事も心がけましょう。

洋式便器の場合は足元に台を置く

洋式便器でのスタイルは和式便器に比べると、腸を圧迫して便の通り道を悪くしています。
今の日本は殆どが洋式便器だと思いますので、足元に10㎝~20㎝位の高さの台を置いて、
それに足をのせる事で和式便器でのスタイルに近い形になり、
便の通りをスムーズにしてくれます。

便秘体質を改善のまとめ

1 便秘が辛い時は刺激性の便秘薬で出してしまう。
2 腸内フローラの改善は常に続ける。
3 便が出始めたら刺激の弱い便秘薬に変えていく。
この3点が重要です。

他にもツボを押したり漢方や運動を取り入れる事で効果が高まりますので、
それらも併用して行う事が大切ですが、それだけでは便秘体質はなかなか改善されません。
この3つの重要ポイントを意識して便秘体質を改善してくださいね。

サプリメントコラム

健康食品については、法律などでキチンと規定されているものではなく、大体「健康増進に寄与する食品として取り入れるもの」を言っており、サプリメントも健康食品だとされています。
ビフィズス菌というのは、女王蜂だけが口にできる貴重な食事で、俗に「王乳」とも言われていると聞きました。その名の通り、ビフィズス菌にはいろんな栄養素が詰まっているとされています。
多種多様な交流関係に加えて、多種多様な情報がごちゃまぜになっている状況が、なお一層ストレス社会を生み出していると言っても間違いじゃないと思われます。
生活習慣病と言いますのは、半端な食生活といった、体に悪影響を及ぼす生活を続けることが災いして陥る病気だとされます。肥満なども生活習慣病の一種です。
便秘に関して言えば、我が国日本の現代病と考えられるのではと感じています。日本国民につきましては、欧米人と比較対照すると腸がかなり長めで、それが要因で便秘になりやすいのだと指摘されています。

パンとかパスタなどはアミノ酸含有量が少なく、米と合わせて食べることはありませんから、乳製品又は肉類を敢えて摂取すれば、栄養を補充することができるので、疲労回復に役立ちます。
栄養をキッチリと体内に摂り入れたいなら、通常の食生活にも意識を向けるべきです。いつもの食生活で、足りていない栄養成分をプラスする為のものが健康食品であって、健康食品オンリーを体内に入れていても健康になれるものではないと断言します。
医薬品だったら、のみ方やのむ量が詳細に規定されていますが、健康食品につきましては、飲用の仕方や飲用の分量に規定もないようで、どの程度の分量をいつ飲むべきかなど、ハッキリしていない部分が多いのも事実だと思われます。
「どこも悪くないし生活習慣病など心配ないし大丈夫だ!」などと信じているあなたにしても、低レベルな生活やストレスが原因で、体の中は僅かずつ蝕まれていることもあり得ます。
ローヤルゼリーを摂り込んだという人に効果のほどを尋ねてみると、「全然変化なし」という方も少なくないようですが、その件については、効果が発揮されるようになる迄続けて摂らなかったからです。

青汁を選びさえすれば、野菜が含有している栄養を、楽々迅速に摂取することができちゃうわけですから、慢性化している野菜不足を克服することが可能です。
あなたも栄養を十分摂って、疾病を心配することがない暮らしを送りたいですよね。なので、料理に掛ける時間がほぼない人にも参考にしていただけるように、栄養を無理なく摂取することができる方法をご教授いたします。
サプリメントは健康の維持・増進に貢献するという視点から言えば、医薬品と類似している感じがするでしょうが、現実には、その位置付けも認定の仕方も、医薬品とは著しく異なっております。
「足りていない栄養はサプリで満たそう!」というのが、主要国の人達の意見のようです。ところが、いろんなサプリメントを摂っても、全部の栄養を摂取することはできないと言われています。
劣悪な日常生活を正さないと、生活習慣病に罹患する危険性は高まりますが、もう1つ大きい原因として、「活性酸素」があるのです。

青汁ダイエットの推奨ポイントは、誰が何と言おうと無理をすることなく脂肪を落とせるという部分です。うまさは健康ドリンクなどの方が優れていますが、栄養満載で、むくみあるいは便秘解消にも効果を発揮します。
スポーツマンが、ケガのない体を我が物にするためには、栄養学を会得し栄養バランスを正常化することが重要になります。それを現実化するにも、食事の摂取法を身に付けることが必要不可欠になります。
どんな人も、一度は聞いたり、自分でも体験済だと考えられる「ストレス」ですが、果たして真の姿というのはどういったものなのか?あなた達はちゃんと知っていらっしゃるでしょうか?
プラセンタが持っている抗酸化作用には、老化のファクターと考えられている活性酸素の機能を抑え込む効果も含まれていますので、アンチエイジングにも素晴らしい結果を齎し、健康はもとより美容に強い興味を持っていらっしゃる人にはおすすめできます。
少しでも寝ていたいと朝食を食べなかったり、ファストフードで置き換えるようになった為に、便秘で苦悩するようになったという事例もたくさんあります。便秘は、現代病の一種だと言っても間違いないかもしれません。

白血球の数を増加して、免疫力を増幅することに役立つのがプラセンタであり、免疫力を増強すると、がん細胞を縮小する力も向上するわけです。
ショウガは脂肪を燃やすばかりか、筋肉の増強を手助けします。言ってみれば、ショウガを摂れば、体質が太らないタイプに変わるという効果とダイエットできるという効果が、2つとも達成することができるとはっきり言うことができます。
生活習慣病とは、半端な食生活といった、身体に良くない生活を反復することが元凶となって陥る病気だとされます。肥満なども生活習慣病の一種だと言えます。
殺菌する働きがありますので、炎症を鎮静することもできます。昨今では、日本各地の歯科の専門家がプラセンタが保持する消炎力に関心を寄せ、治療を実施する時に使うようにしているようです。
「クエン酸と耳にすることがあれば疲労回復」と発してしまうように、クエン酸の効能・効果として一番浸透しているのが、疲労を軽くして体調の乱れを整えてくれることです。なぜ疲労回復に良い影響をもたらすのでしょうか?