辛~い便秘、何とか解消したいですよね。
便秘はあくまでも症状であって、原因ではありません。
ですので、便秘薬は症状を改善するだけで根本的な解消方法とは言えません。
便秘を解消するには便秘体質を改善するのが正しい便秘の解消方法なんですが、
なかなか便秘体質の改善は簡単ではないですよね。
毎日ヨーグルトを食べていたり、運動してみたり、食物繊維を積極的に摂っても
なかなか便秘体質が変わらないと言う人も多いです。
ここでは私が考える理想の便秘体質改善方法を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

便秘体質改善の流れ

便秘体質の改善は一朝一夕で出来るわけではありません。
しっかりと計画を立てて取り組む必要がありますのでじっくりと腰を据えていきましょう。

辛い時は便秘薬を使う

一週間以上便が出ない場合は便秘薬を使ってください。
便をそのまま体内に溜めておくよりも全然良いです。
使う便秘薬としては、浣腸又は刺激性の下剤を使いましょう。
強さとしては、浣腸>刺激性下剤となっています。
しかし当然ながらこの2つのタイプの便秘薬は作用も強いですが、副作用もそれなりに強いです。
腸が黒くなったり、便秘薬を使わないと便が出なくなったりもしますので、
本当に辛い時だけ使うようにして下さいね。

腸内フローラの改善は常に続ける

便秘体質の改善には腸内フローラの改善は欠かせません。
腸内の善玉菌を増やすことによって腸の働きが強まり、自然なお通じが出やすい環境へと変化していきます。
すぐには効果は出てきませんが、良い習慣を体が覚えていくと徐々に便意が起こりやすくなってきます。
腸内フローラの改善にはヨーグルトや発酵食品や食物繊維などを毎日欠かさず食べると良いと言われますが、
本当に便秘に悩んでいる人で、これらでは改善できなかった人も少なくはないのでしょうか?
重要なのは、乳酸菌と食物繊維、そしてオリゴ糖を毎日摂る事です。
乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし、オリゴ糖と食物繊維は善玉菌のエサになります。
私のおススメとしては、サプリメントなどを活用する事です。
サプリメントをおススメする理由としては、例えば乳酸菌1つを例にとってもサプリメントは
ヨーグルトに含まれている乳酸菌の何倍もの乳酸菌が入っています。

発酵食品コラム

発酵食品コラム

東北の人は便秘の人が非常に少ないと言われています。その大きな理由としては発酵食品である「漬物」を毎日食べているからだと言われています。しかし漬物は塩分も高く東北の人は高血圧が多いとも言われています。と言う事は塩分の少ない発酵食品を毎日食べると便秘になりにくい体質になりやすいと言えるでしょう。しかし塩分が低く、さらにカロリー低めで乳酸菌の多い発酵食品はなかなかないので、サプリメントがおススメなんです。

便秘薬を徐々に弱いものに変えていく

便秘薬を徐々に弱いものに変えていきます。
具体的には、刺激性の便秘薬から、水分を保持するタイプの便秘薬に変えていきます。
水分保持タイプの便秘薬は、酸化マグネシウムを使った便秘薬で、
腸内で水分を含んで膨らみ、固まった便を柔らかくする作用があります。
クセになりにくく、副作用も少ないので便通が少しでも良くなってきたら、
この水分を保存するタイプに変更していきましょう。

便秘体質改善のポイント

便秘体質改善のポイントとしては、

  • 「乳酸菌」「食物繊維」「オリゴ糖」を毎日欠かさず摂る。(腸内フローラの改善)
  • 便秘が辛い時は刺激性の便秘薬を使う。(副作用が強いので使い過ぎに注意)
  • 腸内フローラの改善で便通が少しでも出てきたら、水分保持タイプの便秘薬に変更する
  • 便通良くなって来たら腸内フローラの改善を進めながら便秘薬を止める

便秘体質はまずは便を溜めないようにしながら腸内フローラの改善を続ける事がベストです。

出来ればやりたい便秘体質改善方法

毎朝コップ一杯の水を飲む

毎朝コップ一杯の冷たい水をのむ事も習慣付けましょう。
朝に冷たい水を飲む事で、胃や腸に刺激を与え、脳に信号を送る事で信号を受けた脳は、
大腸に便意をもよおすように促します、これを「胃腸反射」と言います。
出来れば冷たい水の方が、より胃に刺激を与えるのでおススメです。
ただし飲みすぎても効果はないので、コップ一杯にしておきましょう。

運動を取り入れる

便秘は男性より女性の方が多いというデーターがありますが、
その原因の1つに筋肉量が少ないという事があります。
ウォーキングやストレッチなどで筋肉量を増やす事も心がけましょう。

洋式便器の場合は足元に台を置く

洋式便器でのスタイルは和式便器に比べると、腸を圧迫して便の通り道を悪くしています。
今の日本は殆どが洋式便器だと思いますので、足元に10㎝~20㎝位の高さの台を置いて、
それに足をのせる事で和式便器でのスタイルに近い形になり、
便の通りをスムーズにしてくれます。

便秘体質を改善のまとめ

1 便秘が辛い時は刺激性の便秘薬で出してしまう。
2 腸内フローラの改善は常に続ける。
3 便が出始めたら刺激の弱い便秘薬に変えていく。
この3点が重要です。

他にもツボを押したり漢方や運動を取り入れる事で効果が高まりますので、
それらも併用して行う事が大切ですが、それだけでは便秘体質はなかなか改善されません。
この3つの重要ポイントを意識して便秘体質を改善してくださいね。

サプリメントコラム

バランスが優れた食事だったり規則的な生活、スポーツなどをすることも重要ですが、なんと、これらとは別にあなた方の疲労回復に実効性のあることがあるとのことです。
便秘からくる腹痛に喘ぐ人の大体が女性になります。初めから、女性は便秘になる特質をもっていると言え、何より生理中はもとよりホルモンバランスが変調を来たす時に、便秘になるとのことです。
「便秘で苦労することは、あってはならないことだ!」と解したほうが賢明なのです。日頃から運動とか食事などで生活を規則的なものにし、便秘を改善できる生活様式を築くことがほんとに肝になってくるわけですね。
グルコサミンは脂肪を減らすのは当然の事、筋肉強化を援助します。端的に言いますと、コンドロイチンを摂取すれば、太らない体質になるという効果と脂肪が落ちるという効果が、双方得られると言っても過言ではありません。
グルコサミンに含有されるアルギニンと称されるアミノ酸は、細くなった血管を拡大させるという働きをしてくれます。これに加えて、白血球が結合するのを阻止する働きもします。

栄養についてはさまざまに論じられていますが、一際大事なことは、栄養は「量」なんかではなく「質」だということです。お腹一杯食べることに勤しんでも、栄養がきちんと確保できるわけじゃないので勘違いしないようにしたいものです。
どんなに葉酸が抜群の効果の持ち主であるからと言いましても、何しろ大量に摂ったら良いわけではありません。葉酸の効能だとか効果が有益に機能するというのは、量的に言って0.3dlがリミットだと言われます。
「葉酸が疲労回復に効果抜群なのは、乳酸を取り除けてくれるから」と説明されていることも少なくないようですが、正確に言うと、クエン酸や酢酸による血流改善が奏功しているということが指摘されています。
代謝酵素に関しては、吸収した栄養をエネルギーへと変化させたり、細胞の新陳代謝を助けてくれます。酵素がないと、口にしたものをエネルギーに生まれ変わらせることができないと言えます。
今の時代、数多くのサプリメントだったり栄養補助食が浸透しておりますが、アスタキサンチンと同じレベルで、多種多様な症状に効果を見せる素材は、過去にないと言明できます。

ダイエットが上手くいかなかった人というのは、押しなべて最低限も栄養まで切り詰めてしまい、貧血だの肌荒れ、それから体調不良に陥ってしまって諦めるようですね。
健康食品を1つ1つ調べていくと、現実に効果があるものも稀ではないのですが、まことに遺憾なことに何の根拠もなく、安全なのか否かも明記されていない劣悪な品もあるというのが実態です。
日常的に忙しすぎると、横になっても、どのようにしても眠りに就けなかったり、寝たり目覚めたりを繰り返すせいで、疲労が抜けきらないというケースが稀ではないでしょう。
心に刻んでおくべきなのは、「サプリメントは医薬品とは一線を画する」という事実です。いくら有益なサプリメントでも、三度の食事の代わりにはなることは不可能です。
栄養のバランスまで考慮した食事は、生活習慣病予防対策の基本だと断言できますが、困難であるという人は、是非とも外食だの加工された品目を摂取しないように意識しましょう。

プロの運動選手が、ケガに負けない体作りをするためには、栄養学を身につけ栄養バランスを安定化することが欠かせません。それを現実化するにも、食事の摂食方法を学習することが必須になります。
ストレスで体重が増えるのは脳に理由があり、食欲を抑えきれなくなったり、デザートを食べないと気が済まなくなってしまうのです。デブが嫌な人は、ストレス対策が必要不可欠だということです。
アミノ酸と呼ばれるものは、人の体の組織を作り上げるのに欠かすことができない物質とされていて、主に細胞内で合成されているとのことです。そのような各種のアミノ酸が、黒酢にはたっぷり混合されているとのことです。
便秘で発生する腹痛を直す手段はありますでしょうか?もちろんありますからご心配なく!「当たり前じゃないか!」と言われるかもしれませんが、それは便秘を回避すること、更に簡単に言うと腸内環境を正常に戻すことだと言えるでしょう。
酵素は、特定の化合物に対してのみ作用すると聞いています。驚くなかれ、およそ3000種類確認されているとされているようですが、1種類につきわずか1つの決まり切った役割を担うだけだとのことです。

プロポリスを決定する時に意識したいのは、「どこ産なのか?」ということです。プロポリスは各国で収穫されていますが、国によって栄養分が少し違うのです。
「健康な私には生活習慣病など無関係」などと吹聴しているあなたの場合も、テキトーな生活やストレスが災いして、身体はちょっとずつ劣悪化していることも予想されるのです。
いろんな種類がある青汁群の中より、あなた自身にフィットする製品を選び出す時には、もちろんポイントがあります。要するに、青汁で何をどうしたいのかを確定させることなのです。
ターンオーバーを促して、人間が先天的に有している免疫機能をレベルアップすることで、各自が秘める真の能力をかき立てる効果がローヤルゼリーにあることが公表されていますが、その事実を実際に感じられる迄には、時間がかかります。
現代では、バラエティーに富んだサプリメントや健康機能食品が知られているという状態ですが、ローヤルゼリーと同じようなレベルで、諸々の症状に良い結果を齎す健食は、かつてないと断言できます。