腸内フローラを改善すると様々な良い効果が期待できます。
もはやテレビやメディアで多く紹介されているので、
改めて効果を紹介する程ではないと思います。

具体的に腸内フローラを改善する3つのポイントを紹介します。

  1. 食事編
  2. 生活習慣編
  3. サプリメント編

①腸内フローラを改善する~食事編~

腸内フローラを改善するにはまずは食事を見直す必要があります。
食生活の乱れは腸内環境には最もよくありません、
バランスの取れた食事と毎日三食をしっかり食べる事が必要です。
特に注意して摂りたいのが大きく分けて3つあります。

  • 食物繊維
  • 発酵食品
  • オリゴ糖

腸内フローラを改善する食物繊維

腸内フローラを改善するには腸内菌のエサが必要になります。エサになる栄養分は他にもありますが、大腸まで届くエサとなると食物繊維が必要と言えます。
また食物繊維と言っても特にエサになりやすいのが、「水溶性食物繊維」で腸内細菌が分解しやすいため、不溶性食物繊維よりも多く摂取すると良いでしょう。
水溶性食物繊維が多い食材としては、海藻・ひじき・らっきょう・大麦・切り干し大根などがありますので、積極的に取り入れましょう。

腸内フローラを改善する発酵食品

発酵食品は善玉菌そのものを増やしたり、善玉菌のエサとなって増殖させる事で腸内フローラを改善します。
古くから日本にある漬物や納豆、麹・みそ・醤油やチーズ・ヨーグルトなどが代表ですね。
ただしどれかに偏って食べても効果は薄く、腸内フローラはとても多くの種類の菌で来ていますので、様々な発酵食品をバランスよく摂る事が重要になってきます。
ちなみに東北の人は便秘の人が殆どいないと言われ、その理由とは毎日のように漬物を食べているからではないかと言われています。
しかし逆に東北の人は高血圧の人も多いというデーターもあるので、毎日漬物ばかり食べていると便秘にはいいけれど塩分の取りすぎになってしまうので、注意してください。でも発酵食品が腸内フローラには良い事はこれで納得していただけると思います。

腸内フローラを改善するオリゴ糖

腸内菌のエサには糖類があります。しかし一般的な砂糖などの糖はすぐに消化吸収されてしまうので、血糖値を上昇させてしまいます。
それに比べてオリゴ糖は、人の体にオリゴ糖を分解する酵素が存在しない為、他の消化器官で分解されることなく大腸まで届く糖として、注目を集めているんです。
しかもカロリーは砂糖の半分となっているので、甘味料としては優れた糖と言えるでしょう。
またオリゴ糖は特定保健用食品(トクホ)での表示許可がされていて、「お腹の調子を整える」と表示する事が出来ます。
最近ではオリゴ糖が入ったトクホも多いので、スーパーなどで見かける事もあると思いますので、腸内フローラの改善にはおススメです。

②腸内フローラを改善する~生活習慣編~

生活習慣の乱れは腸内フローラを悪化させる大きな要因の1つです。中でもストレスや睡眠不足、暴飲暴食は腸内細菌の善玉菌を殺してしまうともいわれています。
リズムある生活や適度な運動などを心がける事で、腸内フローラが改善されると言うよりは今より悪くしない・腸内フローラを改善する土台を作ると言ったイメージをもつと良いと思います。

③腸内フローラを改善する~サプリメント編~

これまで腸内フローラの改善には食物繊維や発酵食品、運動や睡眠、ストレスの低減などの生活習慣の見直しなどを紹介してきましたが、毎日続けるとなると簡単な事ではありません。そこでサプリメントなど腸内フローラの改善を目的としたものを積極的に摂る人が増えています。例えば発酵食品が良いと言っても毎日納豆ばかり食べていても効果はあまり期待できませんが、腸内フローラの改善を目的とした食品類ならバランスの取れた栄養素や食物繊維などを豊富に含んでいるので、手軽に始められるメリットがあります。今ではトクホで「おなかの調子を整える」事を目的としたサプリ等も出てきているのでそれらを積極的に摂ると良いでしょう。

腸内フローラの改善のまとめ

腸内フローラの改善による様々な良い事は数え上げるとキリが無く、それだけ腸内の環境を良くすることは重要なんです。もちろん生活習慣を見直したり、腸内フローラに良い食べ物を毎日食べる事によって改善する事は可能ですが、なかなか難しいのが現状です。サプリメントなどを利用するといいでしょう。