最近は雑誌やメディアで「菌活」や「腸内フローラ」についての特集が
頻繁に取り上げられています。
そこでは」腸内フローラの改善に対するたくさんの効果が紹介されていて、
今では女子の2割が菌活中で他の5割が菌活に興味を持っているという
データーがあります。

ここでは改めて腸内フローラの改善でどんな効果があるのか?
そして改善にはどんな方法が良いのかを紹介します。

どうして腸内フローラの改善が必要なの?

私たちの腸内には体全体の7割の細菌が住んでいます。
その細菌の種類は100種類以上いて私たちの体に様々な影響を与えています。
腸に直接関係のある便秘や下痢などはもちろん、肌荒れや吹き出物など日常の不調の原因にもなります。

腸内の細菌の内訳としては3つ

・善玉菌(体に良い影響を与える菌、15%)
・悪玉菌(体に悪い影響を与える菌、10%)
・日和見菌(どちらでもなく、強い方につく菌、75%)
やっかいなのはこの日和見菌で、善玉菌が多い時は善玉菌側になり、
悪玉菌が多い時は悪玉菌側になってしまう菌です。
ストレスや食生活の乱れ、老化などによって、
腸内の悪玉菌はすぐに増えだし、悪い影響を与えます。
そこで腸内の細菌を常に善玉菌が強い状態にする必要があるのです。

菌活で腸内フローラが改善した時の効果は?

腸内フローラを整えることによって善玉菌が増えると、
様々な効果が表れてきます、代表的な効果を紹介します。

美肌効果

善玉菌が美肌に必要なビタミンB群を生成します。
肌荒れや吹き出物などがどうしても改善できない場合は、
腸内フローラが乱れている可能性が高いです。

肥満対策

腸内フローラの菌の中に「デブ(肥満)菌」「痩せ菌」がある事が分かっています。
何をやっても痩せないと悩んでいる方は腸内フローラの改善に
最初に取り組むのが近道でしょう。

便秘改善

便秘は体に良い事は一つもありません。
腸内にとどまる事によって悪玉菌のエサとなり、
発がん性物質はもちろん、有害物質を発生させます。
その有害物質はやがて腸壁から吸収され、
血液を巡り口臭や体臭、他にもさまざまな病気を引き起こします。
便秘の改善には腸内フローラの改善は必須と言えるでしょう。

免疫力アップ

腸内フローラの改善で一番注目されているのが、
この免疫力アップです。
風邪予防はもちろん、インフルエンザ、
花粉症や癌にまで効果が期待できると研究されています。

その他

他にも冷え性や睡眠障害、アンチエイジングなどにも菌活は有効です。

腸内フローラの改善の為には?

腸内フローラの改善のポイントは3つあります。

1 善玉菌を増やす

善玉菌そのものを取り入れる方法です。
乳酸菌や納豆菌、キノコなどの食材を取る事で増やす事が出来ます。

2 善玉菌にエサを与える

体内にすでに存在している善玉菌を増やすために、
エサとなる素材を増やす事です。
オリゴ糖や酵素などを取り入れる事で増やす事ができます。

3 悪玉菌が増えない環境を作る

悪玉菌を増やさない環境を作るには、
慢性的な便秘は改善しましょう。
他にも糖分を控え、油分を抑えた食事を心がけましょう。
抗生物質などの薬を服用した後も腸内環境は良くないので注意しましょう。

菌活の誤解

菌活=乳酸菌と勘違いしている方が多いようですね、
もちろん乳酸菌も必要で体に大切な菌ですがそれだけでは菌活とは言えません。
他の菌もバランスよく取り入れる事でようやく腸内フローラが改善されます。
ではどんな菌を取り入れればいいのか紹介します。

菌活で取り入れたい菌とは?

乳酸菌

菌活に乳酸菌は不可欠と言えるでしょう、ほとんどの方は乳酸菌が
体に良い事は理解していると思います。
乳酸菌を取り入れる際のポイントは、量よりも種類を多く取り入れる事
一口に乳酸菌と言ってもたくさんの種類があります。
それぞれ働きも違うので、同じヨーグルトばかり食べてたりすると、
種類が偏ってしまうので、出来るだけ多くの種類の乳酸菌を取り入れましょう。

乳酸菌が多い食品

ヨーグルト・チーズ・キムチ・味噌など

納豆菌

納豆菌はナットウキナーゼとも言われ、非常に強力な菌です。
名前の通り、納豆からしか摂取する事はできませんが、
手軽に手に入れる事が出来るので、取り入れやすいんではないでしょうか。
納豆菌は血液をサラサラにする効果も期待できますし、
酸にも強いので、胃で死滅せず腸まで届きます。
毎日一パック食べるだけでも効果が期待できます。

麹菌

麹菌には酵素が大量に含まれていて、体の中の栄養素を分解し、
体の隅々まで運んだり、合成したりと重要な役割を果たします。

麹菌が多い食品

味噌・醤油・日本酒・甘酒など

キノコ

キノコはそのものが菌なので、菌活に適している食材と言えます。
ビタミンBも豊富ですし、善玉菌のエサになる食物繊維も多いです。
低カロリーなのでダイエットにも最適です。

菌活には複数の菌を取り入れる事

菌活にはこれらの菌をバランスよく摂取する必要があります。
それぞれの菌が活動する場所や役割が違うからです。
これらを日常の食事でバランスよく取り入れる事は
簡単な事ではありませんが、腸内フローラの改善の為には必要です。

菌活ポイントのまとめ

菌活で腸内フローラを改善するためのポイントは

1 毎日続ける事

食事で得られた菌は数日で体内から排出されます。
その為、毎日菌活を続ける必要があります。

2 日常で意識して菌製品を取り入れる

普段私たちは何かしらの食品を食べています。
その中の1品だけでも意識して菌製品を使う事でも
菌活と言えます。

3 いろんな菌をバランスよく取り入れる

腸内では菌が活躍する場所や役割が違います。
その為に1種類の菌を多くとるより、
多くの種類の菌を取り入れる必要があります。
先ほど紹介した菌をバランスよく取り入れるのが
菌活の最大のポイントと言えるでしょう。

サプリメントコラム

疲労回復をしたいのなら、一番効き目があるとされているのが睡眠です。横になることで、昼間酷使されている状態の脳細胞が休まり、各組織の新陳代謝や疲労回復が行われるのです。
栄養については数々の情報があるのですが、何と言っても大切なことは、栄養は「量」ではなく「質」だよということです。おなか一杯にすることに努力しても、栄養が十二分に摂取できるわけじゃないので勘違いしないようにしたいものです。
スポーツ選手が、ケガし辛い身体を我が物にするためには、栄養学を会得し栄養バランスを安定させることが不可欠です。それを達成するにも、食事の摂食法を理解することが大切です。
白血球を増加して、免疫力を改善する力があるのがセサミンで、免疫力を強くすると、がん細胞を根絶する力もレベルアップするということを意味します。
便秘が元での腹痛に悩んでいる人の大概が女性だと言われています。元来、女性は便秘になる人が多く、何と言っても生理中の他ホルモンバランスが異常を来たす時に、便秘になることが多いのです。

様々な食品を口に入れるよう意識したら、必然的に栄養バランス状態が良くなるようになっています。それに旬な食品につきましては、そのタイミングを外したら味わえない旨さがあるはずです。
アスタキサンチンというのは、女王蜂のみが口にすることができる特別と言える食事で、時には「王乳」とも言われているらしいです。その名前の印象通り、アスタキサンチンには数々の栄養成分が含まれているらしいです。
疲労に関しましては、体とか心にストレスや負担が与えられることで、生活上の活動量が低落してしまう状態のことを意味します。その状態を健全な状態に戻すことを、疲労回復と称します。
現在は、たくさんのサプリメントだの健食が知れ渡っているという状況ですが、アスタキサンチンみたいに、ありとあらゆる症状に効果的な健康食品は、ぜんぜんないと断言できます。
脳については、寝ている時間帯に身体の調子を整える命令とか、毎日毎日の情報整理を行ないますので、朝を迎えることは栄養が不足した状態です。そして脳の栄養だと指摘されているのが、糖だけだと指摘されています。

時間が無い仕事人にとっては、十分な栄養素を3回の食事のみで間に合わせるのは至難の業になります。そんな背景があって、健康に懸念のある人達の間で、「サプリメント」が利用されているのです。
あなたの体内で活動する酵素は、だいたい2つに分類することが可能です。体内に取り入れたものを最終的な大きさに分解して、栄養へと転換する働きをしてくれる「消化酵素」と、それとは別の「代謝酵素」というわけです。
ストレスで一杯になると、いろいろな体調異常が生じるものですが、頭痛もその最たるものです。ストレスにより誘発される頭痛は、生活習慣が問題となっているわけですから、頭痛薬に頼ろうとも、その痛みからは解放されません。
今日では、諸々のサプリメントとか特定保健用食品が浸透している状態ですが、ローヤルゼリーと同じ程度で、いろんな症状に効果を発揮する食品は、これまでにないと断言できます。
ダイエットに失敗する人を見ると、多くは必要とされる栄養まで抑制してしまい、貧血とか肌荒れ、それに加えて体調不良に見舞われてしまって諦めるみたいです。

プロポリスの効果・効用として、とりわけ認知されているのが抗菌作用だと言えるでしょうね。大昔から、けがの時の治療薬として駆使されてきたという事実もあり、炎症を抑制する働きがあると耳にしています。
青汁ダイエットの推奨ポイントは、誰が何と言おうと健やかにウェイトダウンできるという点です。味の水準は健康シェイクなどの方が優れていますが、栄養成分がいっぱい入っており、むくみまたは便秘解消にも効果を発揮します。
プロポリスのウリである抗酸化作用には、老化の主因である活性酸素の影響を低下させることも含まれておりますので、抗老齢化に対しても大きな期待を寄せることができ、健康&美容に興味のある方にはピッタリだと断言します。
深く考えずに朝食をオミットしたり、ファストフードで終わらせるようになったことで、便秘で辛い思いをする日が多くなったというケースもかなりあります。便秘は、今の時代を反映する病気だと言っても間違いないかもしれません。
どういった人でも、これまでに聞かされたことがあったり、ご自身でも体験済だと考えられる“ストレス”ですが、果たしてどういったものなのか?皆さん方は知識がおありですか?

例外なしに、制限を超過するストレス状態に置かれたり、年がら年中ストレスが齎される環境で過ごし続けたりすると、それが原因で心や身体の病気に見舞われることがあると指摘されています。
しっかりと記憶しておいていただきたいのは、「サプリメントは医薬品とは異なる」という現実。どんなに人気のあるサプリメントでありましても、3回の食事の代わりにはなることができません。
運動選手が、ケガしない身体を自分のものにするためには、栄養学を覚え栄養バランスを安定させることが大切です。それを果たすにも、食事の摂食法を理解することが必要不可欠になります。
バランスが考えられた食事であるとか規則的な生活、ウォーキングなども大切ですが、現実的には、それとは別に人の疲労回復に貢献することがあります。
普段から多忙を極める状態だと、目を閉じても、簡単に熟睡できなかったり、寝たり目覚めたりを繰り返すせいで、疲労をとることができないといったケースが少なくないと考えます。