最近は雑誌やメディアで「菌活」や「腸内フローラ」についての特集が
頻繁に取り上げられています。
そこでは」腸内フローラの改善に対するたくさんの効果が紹介されていて、
今では女子の2割が菌活中で他の5割が菌活に興味を持っているという
データーがあります。

ここでは改めて腸内フローラの改善でどんな効果があるのか?
そして改善にはどんな方法が良いのかを紹介します。

どうして腸内フローラの改善が必要なの?

私たちの腸内には体全体の7割の細菌が住んでいます。
その細菌の種類は100種類以上いて私たちの体に様々な影響を与えています。
腸に直接関係のある便秘や下痢などはもちろん、肌荒れや吹き出物など日常の不調の原因にもなります。

腸内の細菌の内訳としては3つ

・善玉菌(体に良い影響を与える菌、15%)
・悪玉菌(体に悪い影響を与える菌、10%)
・日和見菌(どちらでもなく、強い方につく菌、75%)
やっかいなのはこの日和見菌で、善玉菌が多い時は善玉菌側になり、
悪玉菌が多い時は悪玉菌側になってしまう菌です。
ストレスや食生活の乱れ、老化などによって、
腸内の悪玉菌はすぐに増えだし、悪い影響を与えます。
そこで腸内の細菌を常に善玉菌が強い状態にする必要があるのです。

菌活で腸内フローラが改善した時の効果は?

腸内フローラを整えることによって善玉菌が増えると、
様々な効果が表れてきます、代表的な効果を紹介します。

美肌効果

善玉菌が美肌に必要なビタミンB群を生成します。
肌荒れや吹き出物などがどうしても改善できない場合は、
腸内フローラが乱れている可能性が高いです。

肥満対策

腸内フローラの菌の中に「デブ(肥満)菌」「痩せ菌」がある事が分かっています。
何をやっても痩せないと悩んでいる方は腸内フローラの改善に
最初に取り組むのが近道でしょう。

便秘改善

便秘は体に良い事は一つもありません。
腸内にとどまる事によって悪玉菌のエサとなり、
発がん性物質はもちろん、有害物質を発生させます。
その有害物質はやがて腸壁から吸収され、
血液を巡り口臭や体臭、他にもさまざまな病気を引き起こします。
便秘の改善には腸内フローラの改善は必須と言えるでしょう。

免疫力アップ

腸内フローラの改善で一番注目されているのが、
この免疫力アップです。
風邪予防はもちろん、インフルエンザ、
花粉症や癌にまで効果が期待できると研究されています。

その他

他にも冷え性や睡眠障害、アンチエイジングなどにも菌活は有効です。

腸内フローラの改善の為には?

腸内フローラの改善のポイントは3つあります。

1 善玉菌を増やす

善玉菌そのものを取り入れる方法です。
乳酸菌や納豆菌、キノコなどの食材を取る事で増やす事が出来ます。

2 善玉菌にエサを与える

体内にすでに存在している善玉菌を増やすために、
エサとなる素材を増やす事です。
オリゴ糖や酵素などを取り入れる事で増やす事ができます。

3 悪玉菌が増えない環境を作る

悪玉菌を増やさない環境を作るには、
慢性的な便秘は改善しましょう。
他にも糖分を控え、油分を抑えた食事を心がけましょう。
抗生物質などの薬を服用した後も腸内環境は良くないので注意しましょう。

菌活の誤解

菌活=乳酸菌と勘違いしている方が多いようですね、
もちろん乳酸菌も必要で体に大切な菌ですがそれだけでは菌活とは言えません。
他の菌もバランスよく取り入れる事でようやく腸内フローラが改善されます。
ではどんな菌を取り入れればいいのか紹介します。

菌活で取り入れたい菌とは?

乳酸菌

菌活に乳酸菌は不可欠と言えるでしょう、ほとんどの方は乳酸菌が
体に良い事は理解していると思います。
乳酸菌を取り入れる際のポイントは、量よりも種類を多く取り入れる事
一口に乳酸菌と言ってもたくさんの種類があります。
それぞれ働きも違うので、同じヨーグルトばかり食べてたりすると、
種類が偏ってしまうので、出来るだけ多くの種類の乳酸菌を取り入れましょう。

乳酸菌が多い食品

ヨーグルト・チーズ・キムチ・味噌など

納豆菌

納豆菌はナットウキナーゼとも言われ、非常に強力な菌です。
名前の通り、納豆からしか摂取する事はできませんが、
手軽に手に入れる事が出来るので、取り入れやすいんではないでしょうか。
納豆菌は血液をサラサラにする効果も期待できますし、
酸にも強いので、胃で死滅せず腸まで届きます。
毎日一パック食べるだけでも効果が期待できます。

麹菌

麹菌には酵素が大量に含まれていて、体の中の栄養素を分解し、
体の隅々まで運んだり、合成したりと重要な役割を果たします。

麹菌が多い食品

味噌・醤油・日本酒・甘酒など

キノコ

キノコはそのものが菌なので、菌活に適している食材と言えます。
ビタミンBも豊富ですし、善玉菌のエサになる食物繊維も多いです。
低カロリーなのでダイエットにも最適です。

菌活には複数の菌を取り入れる事

菌活にはこれらの菌をバランスよく摂取する必要があります。
それぞれの菌が活動する場所や役割が違うからです。
これらを日常の食事でバランスよく取り入れる事は
簡単な事ではありませんが、腸内フローラの改善の為には必要です。

菌活ポイントのまとめ

菌活で腸内フローラを改善するためのポイントは

1 毎日続ける事

食事で得られた菌は数日で体内から排出されます。
その為、毎日菌活を続ける必要があります。

2 日常で意識して菌製品を取り入れる

普段私たちは何かしらの食品を食べています。
その中の1品だけでも意識して菌製品を使う事でも
菌活と言えます。

3 いろんな菌をバランスよく取り入れる

腸内では菌が活躍する場所や役割が違います。
その為に1種類の菌を多くとるより、
多くの種類の菌を取り入れる必要があります。
先ほど紹介した菌をバランスよく取り入れるのが
菌活の最大のポイントと言えるでしょう。

サプリメントコラム

便秘といいますのは、日本人固有の現代病と考えられるのではないですか?日本国民に関しては、欧米人と対比してみて腸が長めで、それが悪影響を及ぼして便秘になりやすいらしいですね。
セサミンの1つの成分であるフラボノイドには、表皮に発生するソバカスあるいはシミが増加するのを抑制する能力があると発表されています。老化を阻止してくれて、肌の表面も透明感のあるものにしてくれる栄養分としても注目されているのです。
ビフィズス菌を買って摂取してみたという人に効果のほどを尋ねてみると、「よくわからなかった」という人も多く見られましたが、それにつきましては、効果が見られるまで続けて飲まなかったというだけだと断言します。
多岐に亘る人脈に加えて、広い範囲に亘る情報が錯綜している状況が、ますますストレス社会を劣悪化していると言っても間違いじゃないと思っています。
現代では、たくさんのサプリメントだの健食が知れ渡っていますが、ビフィズス菌みたく、数多くの症状に素晴らしい作用を見せる健康補助食品は、一切ないと言えます。

健康食品というものは、法律などで確実に規定されておらず、世間一般では「健康維持を助けてくれる食品として摂取するもの」と言われることが多く、サプリメントも健康食品の中に入ります。
悪いライフサイクルを悔い改めないと、生活習慣病に罹ることは否定できかねますが、その他にも主要な原因として、「活性酸素」があるのです。
コエンザイムには、「他の追随を許さない万能薬」と言いたくなるほどの称賛に値する抗酸化作用が備わっており、効率よく利用することで、免疫力のパワーアップや健康の維持・増進を望むことができると思われます。
「葉酸が疲労回復に効果があるのは、乳酸を取り除いてくれるから」と教授されることも稀ではありませんが、本当のところは、クエン酸だったり酢酸による血流改善が良い結果を導いているというのが真実だそうです。
健康食品と言いますのは、いずれにしても「食品」であって、健康増進をサポートするものだと考えていいでしょう。因って、これさえ摂っていれば、より健康的になれるというものではなく、健康維持に貢献するものと考えるべきです。

食物は、消化器官を通過する時に、その器官の消化液内に含まれている消化酵素のパワーで分解され、栄養素へと大変身を遂げて各細胞に吸収されると聞きました。
昨今は、さまざまな健康関連商品のメーカーがバラエティーに富んだ青汁を販売しています。それらの違いがどこにあるのか理解できない、種類がたくさん過ぎて選択できないと言われる人もいると想定します。
アミノ酸に関しましては、疲労回復に効果抜群の栄養素として人気があります。全身への酸素供給をサポートし、筋肉疲労の回復は勿論、疲れた脳の回復ないしは質の良い睡眠をバックアップする作用をしてくれるのです。
白血球を増やして、免疫力を上向かせる作用があるのが乳酸菌で、免疫力を増強すると、がん細胞をやっつける力もパワーアップすることに繋がるわけです。
サプリメントは健康の維持・増進に貢献するという観点でいうと、医薬品に近い印象がありますが、現実には、その性格も承認方法も、医薬品とはまるで違います。

「高麗人参が疲労回復に効果があるのは、乳酸を取り去ってくれるから」と説明されることも少なくないですが、現実的には、クエン酸であるとか酢酸による血流改善が良い結果を齎しているとのことです。
このところ、人々が健康にもお金を払うようになったと聞いています。そのことを裏付けるかのごとく、『健康食品(サプリメント)』と称されるものが、あれやこれやと目に付くようになってきたのです。
野菜にある栄養量というのは、旬の時季か否かということで、相当違うということがあるものです。それもあって、足りなくなるであろう栄養をプラスするためのサプリメントが必要になるというわけです。
健康食品というのは、法律などで明確に定義されているということはなく、総じて「健康維持の助けになる食品として摂取されるもの」と言われることが多く、サプリメントも健康食品だとされています。
「不足しがちな栄養はサプリで補填しよう!」というのが、強国の人達の多くが考えることです。だけど、多種多様なサプリメントを摂取しても、必要とされる量の栄養を摂ることはできないことが分かっています。

20あまりのアミノ酸が、アスタキサンチンには含有されています。アミノ酸と言いますと、ダイエット効果が頭に浮かぶかもしれませんが、体を維持していくうえで欠かすことができない成分だと言えます。
待ちに待った機能性表示食品制度がスタートされたのを機に、保健機能食品市場が活況を呈しているようです。健康食品は、簡単に入手することができますが、摂取の仕方を間違うと、身体に悪影響が及びます。
いろんな人付き合いに限らず、広い範囲に亘る情報がごちゃまぜになっている状況が、ますますストレス社会を悪化させていると言っても差支えないと思われます。
バランスが優れた食事だったり規則的な生活、体を動かすことも必要になりますが、正直に言いまして、これら以外にも多くの人の疲労回復にプラスに働くことがあるとのことです。
もはや何種類ものサプリメントだったり健康機能食品が知られているという状態ですが、アスタキサンチンと同じレベルで、数多くの症状に有効に作用する食物は、過去にないと言明できます。