美希美希

今回の便秘体験談は長年の便秘に悩んでいたNさんがどうやって便秘を改善したのか?そして改善された結果を紹介します。最後にシオさんの解説もあるので参考にしてくださいね。


おならが臭すぎる!最初は便秘薬に頼っていました

便秘には長年悩んでおり、常にお腹が張って臭いオナラが出るような状態であり、便秘が長引くとお腹が痛いだけではなく、臭いのキツさや体調不良等にも直結します。
時々排便に成功すると疲労感が抜けて元気になりますし、それだけ便が腸に滞留するというのは心身に良く無い影響があると実感出来るものです。
無理矢理治す為には薬を使った事もあり、薬の場合は一気に便を排泄させる事が出来ますが、医師からの指摘で常用していると腸の力だけで排便が出来ない体になるリスクがあると言われ、頻繁に使う事は避ける必要があります。
どうしても苦しい時だけは薬を使い、何とか自力で出せるようにしたかったですが、どのように改善すれば良いか解らなかったものです。

ネットが便秘解消の助けになりました

ネット時代に入って情報収集しやすくなった事から、様々な解消方法の情報があり、その中で最も相性が合った方法と言うのはヨーグルトやオリゴ糖を使った方法でした。
特にはぐくむオリゴ糖はネットでの口コミの評判も良さそうでしたし、赤ちゃんや妊婦さんでも大丈夫とあったので安心して使えました。
今までは肉食を少なくしたり、あえて断食したり、運動を行ったりしていたのですが、まずは腸内環境を善玉菌優位にする事が必要と気が付きます。

便秘には腸内環境が大事!ヨーグルトとオリゴ糖で改善

ヨーグルトを摂取すれば乳酸菌を採る事が出来ますし、善玉菌を増やす上で有益ですが、ヨーグルトだけを食べても胃酸で菌が消えてしまいますから、オリゴ糖を一緒に摂取して腸まで届くように工夫する事が有効です。
オリゴ糖もいろいろ試しましたが、私にははぐくみオリゴ糖が体に会っていたみたいで、ヨーグルトとはぐくみオリゴ糖をセットで取りこみ、そのうえで食物繊維のように腸内を掃除するものを食べて、油物を控えめにして食生活を改善すると、段々と排便リズムが出て来るようになります。

プチ断食で宿便を排出するにはリスクもある

食べずに宿便を取り除く方法を試した事もありますが、食べないというのは結局腸の動きを低下させる事になりますから、長期目線では食べる量を減らす事は便秘リスクに繋がるものです。
ですから食材選択を行って食べる量はしっかりと確保し、その上で運動を行って臓器の動きを良くしたり、睡眠時間を整えて体調を整えていくと、段々と安定した排便になってくるようになります。
自力で排便が出来るようになった事で、薬を使う事無く過ごせるようになり、時々肉類や油モノを食べますが、基本的には腸内を掃除する食物繊維や、善玉菌を増やすヨーグルトとオリゴ糖の摂取、主に食事から排便を促す流れです。

便秘が改善されると良い事ばかりです

便秘が改善してからは痩せ体質になり、肌荒れも少なくなりましたし、何よりも日中に疲れにくい体になった事からも、仕事やプライベートで元気に過ごせるようになった事は実感出来ます。


医師・シオ医師・シオ

長年の便秘が改善されたみたいで良かった体験談ね、便秘が改善されると体にも良い事ばかりあるのが実感できて本当に良かったわね。

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

最初はやっぱり便秘薬に頼りがちなんですね、便秘の事を詳しく知らないとそうなっちゃいますよね。

医師・シオ医師・シオ

そうね、常にお腹が張っている状態だと少しでも早くなんとかしたいのが心情だから気持ちは良くわかるわ、だから絶対に便秘薬は使わないでとわ言わないよ、どうしても辛い時はやっぱり使うべきね、大事なのはそれに頼らず自然に排出出来る様に改善して行く事ね。

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

この人は腸内環境の大切さを知ってヨーグルトとオリゴ糖で改善したんですね、ネットのチカラってすごいな~

医師・シオ医師・シオ

確かにネットは便利よね、全てが正解と言う訳ではないけど参考にはなると思う、この人の場合はヨーグルトとオリゴ糖が合っていたみたいね。

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

やっぱり腸内環境を改善するにはヨーグルトが良いんですか?毎日食べても便秘が良くならない人もいるって聞きますけど。

医師・シオ医師・シオ

やっぱりヨーグルトだけじゃ物足りないわね、ネットでもよく書かれているけど乳酸菌は胃酸に弱いの、最近は「腸まで届く」とか言われているヨーグルトもあるけど全部が腸まで届くわけじゃないからね、詳しくは、菌活で腸内フローラを改善!その効果と方法のまとめにも書いてあるけど、この人の場合オリゴ糖も一緒に取っていたのがポイントね。

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

オリゴ糖か~、やっぱり便秘にはオリゴ糖は効果的なんですか?

医師・シオ医師・シオ

オリゴ糖自体には便秘に効果はないわ、でも腸内の乳酸菌やビフィズス菌は糖が大好物なの、普通の砂糖とかは胃や小腸で消化されてしまうけど、オリゴ糖は大腸まで届いてくれるのね、毎日オリゴ糖を食べると腸内の善玉菌がどんどん増えていくから便秘が改善されていくのよ。

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

そっか、腸内の善玉菌にエサを与えてどんどん増やすイメージですね。

医師・シオ医師・シオ

その通りよ、特にはぐくみオリゴ糖は妊婦さんにも赤ちゃんにも安心して取る事が出来るから人気が高まっているわね、一口でオリゴ糖と言ってもいろいろ種類があるし効果も様々よ、それはまた別のページで紹介するわね

3児のママ・さやか3児のママ・さやか

なにわともあれ便秘が改善されて良かったですね。

サプリメントコラム

コンドロイチンの中の成分であるアルギニンという名前が付いているアミノ酸は、細くなった血管を正常化するという働きをしてくれます。更に、白血球が癒着するのを遮る効能もあります。
生活習慣病に罹らないためには、好き勝手な生活習慣を正常にするのが最も確実性があると言えますが、いつもの習慣をいきなり変更するというのは簡単ではないと思われる人もいることでしょう。
いろんな食品を摂取するようにすれば、いつの間にか栄養バランスは上向くようになっているのです。その上旬な食品の場合は、そのタイミングを外したら楽しめない旨さがあると言っても間違いありません。
昔から、美容&健康を目的に、国内外で服用され続けてきた健康食品がビフィズス菌だというわけです。その効用・効果は多種多様で、若い人から老人にいたるまで愛飲され続けてきたのです。
野菜に含まれる栄養の分量は、旬の時季なのか時季じゃないのかで、全然異なるということがあるわけです。それもあって、足りなくなると思われる栄養を賄う為のサプリメントが重宝されるのです。

サプリメント以外にも、色々な食品が販売されている今日この頃、市民が食品の本質を頭にインプットし、各人の食生活にマッチするように選択するためには、適正な情報が必須です。
医薬品だったら、飲用の仕方や飲用の分量が確実に定められていますが、健康食品の場合は、飲用方法や飲む量に特別な定めもなく、いくらくらいの量をどのように飲むのが効果的かなど、分からないことが多々あるのも事実だと思われます。
栄養バランスが考えられた食事は、生活習慣病を予防したいときの必要条件ですが、困難であるという人は、状況が許す限り外食はもちろん加工品を控えるように意識しましょう。
便秘で発生する腹痛をなくす方法はありますでしょうか?それならありますからご安心ください。当然のことながら、それは便秘にならないようにすること、結局のところ腸内環境を良くすることに他なりません。
いろんな人付き合いばかりか、大量の情報がゴチャゴチャになっている状況が、なお更ストレス社会を決定的なものにしていると言っても間違いじゃないと思われます。

プロポリスを求める際に気をつけなければいけないのは「原産国はどこになるのか?」ということだと考えます。プロポリスは多くの国で採集されているわけですが、国によって含有されている成分が少々違っているわけです。
一般消費者の健康に向けての意識が高まって、食品分野におきましても、ビタミン類を始めとした栄養補助食品とか、カロリーが抑えられた健康食品の市場ニーズが進展し続けていると聞かされました。
アミノ酸に関してですが、疲労回復に有効な栄養素として有名ですよね。全身への酸素供給の援護役でもあり、筋肉疲労の回復だけじゃなく、疲れた脳の回復だったり深い眠りを手助けする作用をしてくれるのです。
「ローヤルゼリーに入っているデセン酸は、インスリンと違わぬ効能があり、Ⅱ型の糖尿病の予防や進行を遅らせてくれることが、複数の研究者の研究により明らかにされました。
消化酵素というのは、口に入れたものをそれぞれの組織が吸収可能なサイズまで分解する働きをします。酵素量が理想通りあれば、食した物は滑らかに消化され、腸壁を介して吸収されるそうです。

サプリメントと言いますのは、医薬品とは異なって、その効果または副作用などの検分は満足には実施されていないと言えます。その上医薬品との見合わせるという際は、気をつけることが必要です。
体の中で作り出される酵素の量は、元来決まっていると発表されています。現代の人は体内酵素が充足されていないことが多く、率先して酵素を摂ることが大切になります。
アミノ酸については、身体を構成している組織を構築するのにどうしても必要な物質であって、大半が細胞内にて作られているらしいです。そういった色んなアミノ酸が、黒酢には一杯入り混じっていることがはっきりしています。
サプリメントだけじゃなく、たくさんの食品が売りに出されている今日現在、ユーザーが食品のメリット・デメリットを認識し、個人個人の食生活に有益になるように選択するためには、ちゃんとした情報が絶対必要です。
食事から栄養を摂ることが無理だとしても、健康補助食品を体内に入れれば、手間要らずで栄養を補うことができ、「美と健康」が入手できると勘違いしている女性達は、意外にも多くいるのだそうですね。

こんなにたくさんある青汁の中より、自分にふさわしい品を決める場合は、少しばかりポイントがあるわけです。それというのは、青汁を選ぶ理由は何なのかを確定させることです。
まずい生活サイクルを改めないと、生活習慣病に見舞われるかもしれないのですが、更に別のヤバイ原因として、「活性酸素」を挙げることができます。
疲労回復がご希望でしたら、兎にも角にも効果絶大とされているのが睡眠なのです。寝ている間に、昼間の時間帯に働かされている脳細胞は一息つけ、身体全体の疲労回復&新陳代謝が図られるのです。
体が十分休まる睡眠を確保したいと言うなら、生活パターンを再考することが最重要課題だと言明する人もいるようですが、それ以外に栄養をきちんと摂ることも大事になるのは当たり前ですね。
強く意識しておいた方が良いのは、「サプリメントは医薬品じゃない」という現実。いくら売れているサプリメントだとしても、三回の食事そのものの代用品にはなることは不可能だと言えます。