高血圧に甘い物はタブーって本当!?原因になるの?

高血圧の原因は一つではなく様々な要因からなっている事が殆どです。

ストレス、塩分の取りすぎ、生活習慣病、運動不足、加齢‥‥
数え上げればキリがありません。

しかし高血圧の原因に甘いものを食べすぎるという話はあまり聞いた事が無いと思います。
では実際に高血圧に甘いものはタブーなのでしょうか?
この辺を詳しく紹介したいと思います。

高血圧なら甘い物は避けましょう!

高血圧と聞いて真っ先に思い浮かべるのは減塩ではないでしょうか?
塩分の取りすぎが高血圧の大きな原因の1つであることは間違いはないです。
しかし甘い物を摂りすぎてはいけませんとはあまり聞かないですよね?
でもやっぱり高血圧なら甘いものは避けましょう。

高血圧に甘いものは避けた方が良い理由

高血圧の原因の1つに血液がドロドロになっている場合があります。
血液がドロドロだと血液を押し出す力が必要になり、心臓にも負担がかかりますし血管にも負担がかかります。
甘い物を食べすぎると糖質が血液に入り十分に処理しきれずに血液がドロドロになるので高血圧には甘い物の取りすぎは良くないのです。

唯一食べ過ぎなければ大丈夫甘いものは?

高血圧に甘い物は避けた方が良い理由を書きましたが、唯一食べる事が推奨されている物があります。
それは「チョコレート」です。
チョコレートに含まれるカカオポリフェノールは血圧を下げる効果があると研究からも発表されていますので、しっかりとしたエビデンスがあります。
しかしどのチョコレートでも良いわけではなく、カカオが60%以上含まれているチョコレートで一日25gを目安に食べると良いそうです。
今はスーパーやコンビニなどでもカカオ70%以上の物も多く売られているので比較的手に入れやすいでしょう。

高血圧の薬を飲んでいてもダメ?

高血圧の薬を飲んでいて血圧が安定しているからと言っても油断はしないでください。
高血圧の薬は血液をサラサラにするものではなく、血管を拡張させたり心臓の動きを抑えるものが殆どです。
また、高血圧の人は生活習慣病や運動不足の人が多いので、甘い物を食べ過ぎると糖尿病のリスクも増えてきますので薬を飲んでいるからと言って甘い物を食べすぎてはいけません。

高血圧だけどどうしても甘い物が食べたいなら

上の血圧が180を超えているなら論外ですが、140~150位の微妙な数字なら甘い物をキッパリと止める事はなかなか難しいですよね。
どうしても甘い物が食べたいならやっぱり定期的な運動が必要になってきます。
運動する事で代謝を促す事で糖質をしっかり消費するようにすればある程度は食べても問題はないでしょう。
高血圧や糖尿病などの生活習慣病は定期的な運動がやっぱり一番重要と言えるでしょうね。

サプリメントコラム

マヌカハニーというものは、女王蜂だけが食すことができる貴重な食事で、時には「王乳」とも呼ばれていると聞いています。その名が示すように、マヌカハニーには諸々の栄養が含まれているとのことです。
人間の身体内で重要な役割を担っている酵素は、2系統に類別することが可能なのです。食べ物を細かく分解して、栄養に転化してくれる「消化酵素」と、その他の「代謝酵素」となります。
プロポリスの1つの成分であるフラボノイドには、お肌に誕生するソバカスやシミが増加するのを妨害する働きがあると聞いています。老化を遅くしてくれて、素肌も滑らかにしてくれる栄養素材でもあるわけです。
従来は「成人病」と命名されていた病気なのですが、「生活習慣を改善したら罹患しないで済む」という理由から、「生活習慣病」と称されるようになったようです。
脳に関しましては、横になっている間に体を正常化する指令とか、一日の情報を整理したりするので、朝を迎えたころには栄養が完全に不足している状態です。そして脳の栄養だと指摘されているのが、糖だけになるわけです。

アスタキサンチンは、少ししか取ることができない稀代の素材だと言っていいでしょう。機械的に作った素材ではありませんし、自然界で取ることができる素材であるのに、いろんな栄養素を含有しているのは、はっきり言って信じられないことなのです。
便秘がもたらす腹痛を取り去る方策ってあったりするでしょうか?勿論あることはあります。「馬鹿げている」と言われそうですが、それは便秘とサヨナラすること、もっと簡単に言うならば腸内環境を見直すことだと考えています。
疲労に関しましては、心身双方に負担であるとかストレスが与えられて、生活上の活動量が低レベル化してしまう状態のことを指し示します。その状態を通常の状態に回復させることを、疲労回復と称します。
コエンザイムの1つの成分であるフラボノイドには、表皮にできてしまうソバカスないしはシミを防止する効果が認められるとのことです。老化を抑止してくれて、素肌も滑らかにしてくれる栄養成分としても注目されています。
消化酵素というものは、口に入れたものを組織が吸収できる粒子サイズ迄分解してくれるのです。酵素が豊富だと、食した物は軽快に消化され、腸壁経由で吸収されるというわけです。

「ショウガが健康を保持するのに貢献してくれる」という認識が、世に定着してきています。しかし、本当にどれだけの効果・効用が見られるのかは、まるで分っていないと口にする人が多々あると思っています。
便秘で悩んでいる女性は、ものすごく多いと発表されています。何故、これほど女性は便秘に苦しまなければならないのか?裏腹に、男性は胃腸が強くないことが多いみたいで、下痢によくなる人も多くいるのだそうです。
新たに機能性表示食品制度がスタートしたお陰で、保健機能食品業界が活性化し始めたようです。健康食品は、たやすく入手できますが、服用の仕方に気をつけないと、体が蝕まれてしまいます。
いろんな種類がある青汁の中より、個人個人に最適なものを選ぶには、大切なポイントがあるのです。それというのは、青汁に求めるのは何かを明確にすることです。
健康食品と呼ばれているものは、基本的に「食品」であり、身体にプラスの作用があるからといって、医薬品と同様な効用・効果をPRすれば、薬事法違反となり、業務停止とか、最悪の場合逮捕される危険があります。

忘れないようにしておいていただきたいのは、「サプリメントは医薬品とは別物である」という事実です。いくら素晴らしいと言われるサプリメントだろうとも、3度の食事の代替品にはなれないと断言します。
アスタキサンチンと申しますのは、極少量しか採集できないレアな素材だと言い切れます。人工の素材というわけではありませんし、自然素材であるにもかかわらず、多くの栄養素が入っているのは、はっきり言って信じられないことだと言えるのです。
「便秘で苦労することは、とんでもないことだ!」と捉えるべきです。日頃から食事とか軽いスポーツなどで生活を規律正しいものにし、便秘とはオサラバできる生活習慣を構築することが本当に重要だと言えるわけですね。
青汁に関しましては、従前より健康飲料という位置付けで、大人を中心に消費されてきたという歴史があるのです。青汁というと、健康に良いイメージを持たれる方も多々あるのではと思われます。
ショウガについて、目を向けたい効果・効能というのは、生活習慣病の予防と改善効果だと言えます。とりわけ、血圧を正常値に戻すという効能は、ショウガにある一番の長所ではないでしょうか。

プラセンタの1つの成分であるフラボノイドには、肌表面に見られるソバカスもしくはシミを防止する作用があるそうです。アンチエイジングにも力を発揮してくれて、肌の表面も艶っぽくしてくれる天然の栄養素材でもあるのです。
便秘が起因となる腹痛を直す手段ってありますでしょうか?もちろんありますからご心配なく!端的に言って、それは便秘をなくすこと、つまり腸内環境を見直すことだと考えられます。
少なくとも20種類のアミノ酸が、アスタキサンチンには含まれているそうです。アミノ酸と言いますと、ダイエット効果を想像するかと思いますが、生命維持活動になくてはならない成分だと言えます。
野菜が有する栄養素の量は、旬の時期なのか違うのかで、相当違うということがあります。そういう理由で、足りなくなると予想される栄養を補完する為のサプリメントが重要になってくるのです。
医薬品だとすれば、摂取の仕方や摂取量がキチンと決定されていますが、健康食品については、飲用法や飲用量について制限が記されておらず、どの程度の量をいつ飲むべきかなど、分からないことが多々あると言っても過言ではありません。