私はかなりの便秘症で、学生時代から、2週間くらいでないなんてこともよくありました。学生時代は、両親や友人とお通じについて話したりすることもなかったので、自分がおかしいとか、実はひどい便秘だということに気が付かづに過ごしていました。
しかし2週間も便秘が続くと、体はだるく、お腹が張って張って仕方なかったです。また、おならがでる状態ならまだましなのですが、おならすらでなくなると、本当に苦しくて、夜中に吐き気がすることも何度もありました。
まさか便秘のせいで、そんな体調不良になっているなんて思ってもいなかったので、当時は原因不明で、定期的に吐き気やお腹の張りが来るな、と謎に思っているだけでした。
大人になって、テレビや雑誌で便秘の特集などを目にした時に、自分の体が便秘でかなり悪い状態なんだということにようやく気が付いたのです。テレビで普通の人は毎日お通じがあるということを知り、本当に驚きました。
自分としては、特に便秘になる原因はないと思っていたのですが、便秘の原因になることなどを調べていると、野菜嫌い、運動嫌いなど思い当たるふしがたくさんあったのです。
そして、私の便秘との戦いが始まりました。まず、食生活の見直しです。学生時代から野菜嫌いで、偏食だったのですが、一人暮らしをするようになって、ひどくなってしまっていました。朝食はコーヒー、お昼は簡単に済ませ、夕飯もコンビニでおにぎりやひどい時は、おやつがご飯代わりというときもありました。根菜なんて最後に口にしたのは、いつだろう、という状態だったのです。乳製品も嫌い、フルーツも嫌い、たまに気が向いたら買うけど、ほとんど食べずに腐らせて捨ててしまうという感じでした。
そんな生活だったのですが、野菜を買ってレンジでチンしたものに、好みのドレッシングをかけて食べるようになりました。私の場合は大人になって野菜が結構好きになったことと、お気に入りのドレッシングが見つかったことが野菜克服につながったと思います。
そしてお腹の「の」の字マッサージやストレッチ、ヨーグルトを定期的に食べるようになって、5日に1回はお通じがあるまで改善されました。
でもまだまだ、便秘体質は完璧には治っていません。特に生理前は10日くらい出ませんし、お腹が張ってどうしようもなく、吐き気があるときもあります。それでも、学生時代よりはかなり良くなりました。これからも、もっと体質改善を頑張って3日に1回はお通じがあるようにしたいです。