PMSによる生理前の肌荒れ酷くなる事ってよくあるんですよね。毎月の事だからと自分に納得させようとしても、その時は憂鬱になっちゃいますよね。できるならPMSに限らず常に美肌でいたいのは、女心としては当然ですよね。

「月経前症候群(PMS)」とは生理前に起こる心身の不調の事を言います。またの名を「月経前緊張症」とも言い、このPMSは人によって個人差があり、ほとんど症状が出ない方から、強いイライラや痛みなどで普通の日常生活を送るのが困難な人も少なくありません。

PMSの症状は大きく分けて2つあり、体に現れるものと、精神的なものがあります。
体に現れる症状としては、頭痛や肩こり、肌荒れや痛みなど、精神的なものとしては、集中力の低下やイライラ、憂鬱などです。

肌荒れに限らず生理前の様々な症状は、ホルモンの影響が大きく関係しています、その為PMSの原因を知る事で生理前の肌荒れを未然に防ぐ事も難しい事ではありません。

正しい知識をつけて、生理前に起こるひどい肌荒れの予防と対策をしてくださいね。

PMSの原因は黄体ホルモンが増える

女性ホルモンには「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の2つのホルモンがあります。
これらの2種類のホルモンが約28日周期で変化しています。

生理の10~12日前は「黄体ホルモン(プロゲステロン)」が非常に増える時期です。
この黄体ホルモン(プロゲステロン)が増える事がPMSに影響していると考えられています。
黄体ホルモンの増加は肌の皮脂の量を増やす働きがあるので、吹き出物ができやすくなったり、自律神経の乱れから、イライラしたり精神的に不安定になったり、また紫外線にも過敏になるため、シミ・ソバカスもでやすくなったりもします。

肌荒れは、黄体ホルモンが増え皮脂の分泌が増える事により、毛穴が塞がったりするので、ニキビや肌荒れの原因ともなりやすいのです。

PMSからくる肌荒れ予防と対策

食生活を見直す

PMSからくる肌荒れの対策方法のひとつに食生活の見直しがあります。栄養バランスのとれた食事で、ビタミン・ミネラルをしっかり摂取して。低脂肪食もPMS緩和によいとされています。ビタミンB6、カルシウム、マグネシウム、大豆イソフラボンなど、不足しがちな栄養はサプリメントで補うのもよいでしょう。特に大豆イソフラボンは更年期対策にもなるので、30代後半からは積極的に取り入れると良いでしょう。
カフェインやアルコール、糖分も避けた方が良いでしょう、また黄体ホルモンが増えると皮脂の量が増えるので脂っこい食べ物はなるべく避ける方がいいですね。

適度な運動をする

ウォーキングがヨガなどの適度な運動はストレスの発散にもなるのでおススメの方法です。
精神的に気分も楽になりやすいですね。

婦人科でピルを処方してもらう

あまりにも生理前の肌荒れが酷い場合は婦人科でピルを処方してもらうのも1つの方法です。
ピルは避妊のイメージがありますが、酷いPMSにも有効です、肌荒れが酷いと気持ちも滅入り、さらに肌荒れが酷くなるといった悪循環を繰り返すくらいなら、婦人科を受信してピルを処方してもらうと良いでしょう。

まとめ

PMSからくるひどい肌荒れは毎月の事で気持ちが沈みがちになりますよね。
原因と対策をしっかりと知る事でPMSを軽減する事は出来ない事ではありません。
大切なのは無理しすぎない事、生活習慣を見直す事、いきなりすべてを見直すことは難しいかもしれませんが、出来る事から一つずつ気を付けてみてください。

サプリメントコラム

サプリメントというものは、医薬品とは異なって、その働きであるとか副作用などの検分は満足には行なわれていないのが普通です。しかも医薬品との見合わせる際には、要注意です。
さまざまな世代の人が、健康に意識を向けるようになったと聞きます。そのことを裏付けるかのように、『健康食品』と言われる食品が、色々と見受けられるようになってきました。
「足りていない栄養はサプリで補充しよう!」というのが、先進諸国の人達のメジャーな考え方みたいです。ところがどっこい、数々のサプリメントを服用しようとも、必要量の栄養をもたらすことはできないことが分かっています。
仮にコンドロイチンが優秀な効果を提供してくれるからと言っても、大量に服用すれば効果も絶大というものではありません。コンドロイチンの効果・効用が高水準で機能するのは、量的に申しますと0.3デシリットルが限度だと言われています。
各販売会社の試行錯誤により、若年層でも美味しく飲める青汁が多種多様に売られています。そういう背景も手伝って、近頃では小さい子から年配の方まで、青汁を飲む人が増える傾向にあります。

「必要な栄養はサプリで補填しよう!」というのが、先進主要国の人たちの多くの意見です。とは言っても、たくさんのサプリメントを摂ったところで。必要不可欠な栄養を摂り込むことはできるはずもないのです。
プロポリスには、「完全無欠の万能薬」と言ってもいいような抜群の抗酸化作用が見られ、前向きに利用することで、免疫力を強化することや健康の保持を叶えられるはずです。
新陳代謝の促進を図って、人が元から持ち合わせている免疫機能を進展させることで、個々が持っている真の能力をかき立てる力がローヤルゼリーにあることが明確になっていますが、そうしたことを身体で体感するまでには、時間が取られます。
野菜に含まれているとされる栄養成分の分量というのは、旬の時季であるのか時季でないのかで、ものすごく異なるということがございます。そういうわけで、足りなくなる栄養を充足させる為のサプリメントが必要なのです。
バランスのしっかりした食事であるとかちゃんとした生活、運動をすることも大切になってきますが、現実的には、これらとは別に皆さん方の疲労回復に役に立つことがあるとのことです。

食物は、消化器官を通過する時に、その器官の消化液内に含まれている消化酵素のパワーで分解され、栄養素へと大変身を遂げて各細胞に吸収されると聞きました。
昨今は、さまざまな健康関連商品のメーカーがバラエティーに富んだ青汁を販売しています。それらの違いがどこにあるのか理解できない、種類がたくさん過ぎて選択できないと言われる人もいると想定します。
アミノ酸に関しましては、疲労回復に効果抜群の栄養素として人気があります。全身への酸素供給をサポートし、筋肉疲労の回復は勿論、疲れた脳の回復ないしは質の良い睡眠をバックアップする作用をしてくれるのです。
白血球を増やして、免疫力を上向かせる作用があるのが乳酸菌で、免疫力を増強すると、がん細胞をやっつける力もパワーアップすることに繋がるわけです。
サプリメントは健康の維持・増進に貢献するという観点でいうと、医薬品に近い印象がありますが、現実には、その性格も承認方法も、医薬品とはまるで違います。

「高麗人参が疲労回復に効果があるのは、乳酸を取り去ってくれるから」と説明されることも少なくないですが、現実的には、クエン酸であるとか酢酸による血流改善が良い結果を齎しているとのことです。
このところ、人々が健康にもお金を払うようになったと聞いています。そのことを裏付けるかのごとく、『健康食品(サプリメント)』と称されるものが、あれやこれやと目に付くようになってきたのです。
野菜にある栄養量というのは、旬の時季か否かということで、相当違うということがあるものです。それもあって、足りなくなるであろう栄養をプラスするためのサプリメントが必要になるというわけです。
健康食品というのは、法律などで明確に定義されているということはなく、総じて「健康維持の助けになる食品として摂取されるもの」と言われることが多く、サプリメントも健康食品だとされています。
「不足しがちな栄養はサプリで補填しよう!」というのが、強国の人達の多くが考えることです。だけど、多種多様なサプリメントを摂取しても、必要とされる量の栄養を摂ることはできないことが分かっています。

20あまりのアミノ酸が、アスタキサンチンには含有されています。アミノ酸と言いますと、ダイエット効果が頭に浮かぶかもしれませんが、体を維持していくうえで欠かすことができない成分だと言えます。
待ちに待った機能性表示食品制度がスタートされたのを機に、保健機能食品市場が活況を呈しているようです。健康食品は、簡単に入手することができますが、摂取の仕方を間違うと、身体に悪影響が及びます。
いろんな人付き合いに限らず、広い範囲に亘る情報がごちゃまぜになっている状況が、ますますストレス社会を悪化させていると言っても差支えないと思われます。
バランスが優れた食事だったり規則的な生活、体を動かすことも必要になりますが、正直に言いまして、これら以外にも多くの人の疲労回復にプラスに働くことがあるとのことです。
もはや何種類ものサプリメントだったり健康機能食品が知られているという状態ですが、アスタキサンチンと同じレベルで、数多くの症状に有効に作用する食物は、過去にないと言明できます。