PMSで生理前は肌荒れが酷い時の3つの対処法

PMSによる生理前の肌荒れ酷くなる事ってよくあるんですよね。毎月の事だからと自分に納得させようとしても、その時は憂鬱になっちゃいますよね。できるならPMSに限らず常に美肌でいたいのは、女心としては当然ですよね。

「月経前症候群(PMS)」とは生理前に起こる心身の不調の事を言います。またの名を「月経前緊張症」とも言い、このPMSは人によって個人差があり、ほとんど症状が出ない方から、強いイライラや痛みなどで普通の日常生活を送るのが困難な人も少なくありません。

PMSの症状は大きく分けて2つあり、体に現れるものと、精神的なものがあります。
体に現れる症状としては、頭痛や肩こり、肌荒れや痛みなど、精神的なものとしては、集中力の低下やイライラ、憂鬱などです。

肌荒れに限らず生理前の様々な症状は、ホルモンの影響が大きく関係しています、その為PMSの原因を知る事で生理前の肌荒れを未然に防ぐ事も難しい事ではありません。

正しい知識をつけて、生理前に起こるひどい肌荒れの予防と対策をしてくださいね。

PMSの原因は黄体ホルモンが増える

女性ホルモンには「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の2つのホルモンがあります。
これらの2種類のホルモンが約28日周期で変化しています。

生理の10~12日前は「黄体ホルモン(プロゲステロン)」が非常に増える時期です。
この黄体ホルモン(プロゲステロン)が増える事がPMSに影響していると考えられています。
黄体ホルモンの増加は肌の皮脂の量を増やす働きがあるので、吹き出物ができやすくなったり、自律神経の乱れから、イライラしたり精神的に不安定になったり、また紫外線にも過敏になるため、シミ・ソバカスもでやすくなったりもします。

肌荒れは、黄体ホルモンが増え皮脂の分泌が増える事により、毛穴が塞がったりするので、ニキビや肌荒れの原因ともなりやすいのです。

PMSからくる肌荒れ予防と対策

食生活を見直す

PMSからくる肌荒れの対策方法のひとつに食生活の見直しがあります。栄養バランスのとれた食事で、ビタミン・ミネラルをしっかり摂取して。低脂肪食もPMS緩和によいとされています。ビタミンB6、カルシウム、マグネシウム、大豆イソフラボンなど、不足しがちな栄養はサプリメントで補うのもよいでしょう。特に大豆イソフラボンは更年期対策にもなるので、30代後半からは積極的に取り入れると良いでしょう。
カフェインやアルコール、糖分も避けた方が良いでしょう、また黄体ホルモンが増えると皮脂の量が増えるので脂っこい食べ物はなるべく避ける方がいいですね。

適度な運動をする

ウォーキングがヨガなどの適度な運動はストレスの発散にもなるのでおススメの方法です。
精神的に気分も楽になりやすいですね。

婦人科でピルを処方してもらう

あまりにも生理前の肌荒れが酷い場合は婦人科でピルを処方してもらうのも1つの方法です。
ピルは避妊のイメージがありますが、酷いPMSにも有効です、肌荒れが酷いと気持ちも滅入り、さらに肌荒れが酷くなるといった悪循環を繰り返すくらいなら、婦人科を受信してピルを処方してもらうと良いでしょう。

まとめ

PMSからくるひどい肌荒れは毎月の事で気持ちが沈みがちになりますよね。
原因と対策をしっかりと知る事でPMSを軽減する事は出来ない事ではありません。
大切なのは無理しすぎない事、生活習慣を見直す事、いきなりすべてを見直すことは難しいかもしれませんが、出来る事から一つずつ気を付けてみてください。

サプリメントコラム

便秘に関しては、日本国民にとって現代病と考えられるのではないでしょうか?日本人と言いますのは、欧米人とは異なり超の長さが相当長いようで、それが響いて便秘になりやすいのだと聞いています。
便秘からくる腹痛に苦労する人の殆どが女性だと言われます。元から、女性は便秘になり易く、何より生理中はもとよりホルモンバランスがメチャクチャになる時に、便秘になるケースが多いそうです。
健康食品と呼ばれるものは、普段食べている食品と医薬品の間に位置するものと言うことも可能で、栄養分の補足や健康を保持する為に摂り込まれることが多く、毎日食べている食品とは違う形状の食品の総称なのです。
食べた物は、消化器官を進行中に、その器官の消化液内に見られる消化酵素の作用で分解され、栄養素へと大きく変わって各細胞に吸収されるわけです。
ビフィズス菌と言いますのは、女王蜂のみが食べることを許された専用とも言える食事で、時には「王乳」とも呼ばれていると教えられました。その名前の印象通り、ビフィズス菌には何種類もの有効な栄養素が含有されているのです。

青汁と申しますのは、最初から健康飲料という名目で、日本人に消費されてきた健康食品のひとつだと言えます。青汁という名を聞くと、ヘルシーなイメージを持つ人もたくさんいるはずです。
バランスが考えられた食事であったり計画性のある生活、ウォーキングなども大切ですが、正直に言いまして、他にも人の疲労回復に有益なことがあると教わりました。
パスタやパンなどはアミノ酸があまり含まれておらず、ライスと一緒に食べることはありませんから、肉類または乳製品を意識して摂るようにしたら、栄養も追加補充できますので、疲労回復も早くなるはずです。
プロポリスの持つ抗酸化作用には、老化の元凶である活性酸素の作用を抑制する効果も含まれますので、アンチエイジングにも好影響を及ぼし、美容に関心を持っている人にはイチオシです。
最近は、たくさんの健康関連商品の製造元がさまざまな青汁を売っています。一体何が異なるのかつかめない、数があり過ぎてセレクトできないという人もいらっしゃることでしょう。

普通の食べ物から栄養を摂ることが不可能でも、サプリメントを摂り入れれば、即行で栄養をプラスすることができ、「美と健康」が自分のものになると考えている女性は、予想していたより多くいるのだそうですね。
多岐に及ぶコミュニティのみならず、各種の情報が交錯している状況が、一層ストレス社会を加速させていると言っても良いのではないかと思います。
パスタないしはパンなどはアミノ酸をそんなに多く含んでいないし、ごはんと同時に食べることはないので、乳製品だったり肉類を敢えて摂るようにすれば、栄養も追加補充できますので、疲労回復に役立ちます。
日常的に忙しい状態だと、睡眠をとろうとしても、どうも睡魔が襲ってこなかったり、何度も起きるせいで、疲労が抜けきらないなどといったケースが目立つでしょう。
例外なく、限界を超過するようなストレス状態に置かれてしまったり、一年を通じてストレスに晒される環境で育てられたりすると、それが元凶となり心や身体の病気に見舞われることがあるとのことです。

健康食品に関しては、どちらにしても「食品」であって、健康増進に効果があるからといって、医薬品みたいな効能を謳ったら、薬事法を蔑ろにすることになり、業務停止や、状況次第では逮捕されます。
今の時代、色々なサプリメントや特定保健用食品が浸透していますが、アスタキサンチンのように、全ての症状に効き目がある栄養分は、一切ないと言明できます。
サプリメントだけに限らず、色んな食品が売られている現代社会、買う側が食品のメリット・デメリットをマスターし、それぞれの食生活に合うように選択するためには、適正な情報が必要とされます。
痩せ過ぎても太り過ぎても、死亡率が上昇することが明らかになっています。自分にふさわしい体重を把握して、理想的な生活と食生活を守り通すことで、その体重を長期に亘ってキープすることが、生活習慣病の予防にとって欠かせないことだと断言します。
どういう訳で精神的なストレスが疲労の要因となるのか?ストレスに打ち勝つ人の共通項は?ストレスを撥ね退けるための最善策とは?などについてご提示中です。

アスタキサンチンと言いますのは、女王蜂のみが食すことができる貴重食で、俗称「王乳」とも言われていると聞きました。その名が示すように、アスタキサンチンには何種類もの有効な栄養素が含まれているらしいです。
代謝酵素につきましては、消化吸収した栄養成分をエネルギーに変えたり、細胞の新陳代謝を援護してくれるのです。酵素が不足している場合、食品をエネルギーに変換することができないわけです。
疲労回復を目指すのなら、兎にも角にも効果絶大と言われているのが睡眠です。寝ている間に、起きている時使われている脳細胞は休むことができますし、体全体の疲労回復&新陳代謝が促進されるというわけです。
「悪いとこは一つもないし生活習慣病なんか関係ない!」などと豪語している方も、考えのない生活やストレスが影響を及ぼして、身体内は徐々にイカれていることだって考えられるのです。
野菜が有する栄養成分の分量といいますのは、旬の時期なのか旬の時期じゃないのかで、ずいぶん違うということがあるものです。その事から、不足するであろう栄養を賄う為のサプリメントが必要になるというわけです。